プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

チャレンジ、微妙に失敗


本当はこの記事は、6月1日ぐらいに書くつもりだったんですが、
昨夜、大失敗しちゃったので、
二日切り上げてしまいます。

というのは、うたの日のこと(またかい)。
実は今月、
しま・しましま名義ではなくて、
銀のお匙亭という名義で、
十日ほど前からうたの日に投稿してました。

きっかけは、
「恋人」というお題で
「ほんとうに何にもないね、冷蔵庫」「恋人が出て行っちゃったからね」
という短歌が出来て、
この物語を連作に出来ないかなぁと思ったことでした。
で、きっかけのうたがうたの日の題詠から出来たんだから、
残りも全部うたの日の題詠でやってみよう
うたの日のお題で、
毎日一首ずつ詠む連作にチャレンジしよう
と、思ったわけです。
5月末まで12日あるから、
うまくいけば10首+アルファの連作が出来る、と。

名義を変えたのは、なんとなくでしたが、
名義を変えた以上は
出来るだけ中の人がしま・しましまだと
ばれたくない。
でも投稿するからには選もしたいしコメントもしたい。
しかし、感想の散文書くと、くせが出てばれるかも知れない
ということで、
投稿は「銀のお匙亭」
選とコメントは「しま・しましま」で
というのを自分に課すことにしました。
ところが、昨日とうとうやっちゃったんですよね。
選を「銀のお匙亭」で。
投稿と選が「銀のお匙亭」で
コメントが「しま・しましま」
うーん……
誰もそんな事チェックしないし気付かないだろ
とは思ったんですが、
まあ、ほぼ終りに近かったこともあって
潮時と判断しました。
今日の分も一応用意したあとだったんですけどもねぇ。

それにしてもスリリングなチャレンジでした。
一応の連作のテーマだけはあるんだけど、
それをどう毎日のお題と擦り合わせていくか、
最終的に軸をずれずに全う出来るか。
一応、一応は
わたしの中で設定とストーリーがずれずに出来た、
と思ってるんですけども、
端からみたらどうなんでしょうね。
ちなみに、
うたの日の成績は、
うーん、微妙?
って感じだったことをお伝えしておきます。


「卵ポケットは外しておくよいつだってきみが戻ってこられるように」

既視感がありますねってただぼくをみていたひとの白い白い首
ガムシロが混濁させるアイスティ「どこかでお会いしてたでしょうか?」
あれは、そう、あれは、と言って黙り込む人 食い気味に折からの雨
一枚の毛布もきみと分け合えない代りに何度もおやすみを言う
恋人は眠れる森の雪女麦茶出すときちょっとぶつかる
ほうれん草を毎日三束こころまできみは緑に染まりたがって
勾玉のしせいで眠るこいびとを照らすあかるい冷蔵庫のひかり
けんかした夜はいっぽんの木になって窓の向うを眺めていたね
肺胞があおくなるほど冷たくて恋人の息吸い込んでいる
その地図に居場所がないと泣く人の髪を撫でれば冴え冴えと黒
残された靴ひんやりと靴箱に 出すこともなく色褪せもせず
「ほんとうに何にもないね、冷蔵庫」「恋人が出て行っちゃったからね」

スポンサーサイト

4月のうたの日に出した文語短歌 後半

フレンチフライポテトと無料Wi-Fiと 靴のつま先ぶつけあひつつ
「Wi-Fi」
モスバーガーでの軽いスケッチ風に。
なにもかも言い切らない軽い感じも面白いかなって。

閉架より森林浴のバスボムの香りを隠し君は来たりき
「隠」
図書館って森って感じですよね。
中でも閉架書庫は人が立ち入らない深い深い森。
ただ、このイメージって
普遍的なものなのか、
自分のオリジナルなのか、
あるいは誰かのオリジナルが頭に残っちゃったのか
それが分らなかったので、
ちょっと回り道して「君」の方に森をくっつけました。

迷ひ子の一人だらうか灯を消したのちも深夜の窓を打つ虫
「深夜」
かなぶん的な虫ならいいんだけど、
大きい蛾的な虫だと、
ちょっとおおっってなりますね。

何もかも遠き朧になつてゆく夜の花束腑分けせしとき
「花束」
「朧」と「腑分け」の「腑」が対になるような感じを
意識して漢字にしてみました。

スチールのメジャーテープのびゆるるんと夜の一部を巻き込みてゆく
「巻」
「びゆるるん」か「ゆるるん」か。
評を頂いて、
あー、たしかに他に旧仮名遣いに変換する箇所がないと
そうも読めるなぁって気付かされました。

好きなだけ泣かせておけよステンレスボウルのふえるわかめが言ひぬ
「泣」
昨日分に載せたマンホールのうたもそうですが、
セリフにあたる部分はどうしても口語にしておきたい。
スチールからのステンレス、という連想から出来たうたでした。

鮫の背のざらりざらりを跳び渡る兎はかくも磨り減つてゆく
「鮫」
鮫にどうアプローチしようか考えたんですが、
因幡の白兎にしました。
薔薇頂いてうれしかったです。

かさぶたの縁をめくりてハルゼミのまつすぐに降る森へ出でたり
「かさぶた」
実はずっとハルゼミで詠んでみたいなって思ってて、
それだけで満足。

夢叶へますの貼り紙誰ひとり開くことなき電話ボックスに
「叶」
♪4つというどちらかというと残念な結果だったんですが
ツイッターではいいねをたくさん貰って
そういうのも面白いなぁと思ったりしました。

蛇口より迸る湯よ放つとは大地へ戻すことではないか
「放」
「迸る(ほとばしる)」の勢いを借りました。

極めて重き告白である粉末カップスープのコーンもざはめくほどに
「極」
これ!うっかり「ざはめく」ってやっちゃったんですが、
「ざわめく」でいいんですよね。
あとから、あーやっちゃったってなったうたでした。
ちなみに
「極めて重き-告白である/粉末カップ-スープのコーンも/ざわめくほどに」
と、読んでもらえると嬉しいやつでした。

分かち合へぬ温度がありぬ水槽を隔て華やぐものたちの群
「水槽」
このうたも、初句を字余りさせてみました。

4月のうたの日に出した文語短歌 前半

乾涸びし犬のうんこに立ち止るさくらさくらの影を被りつ
「うんこ」

眠る手にまだ握られしゼリーの匙ロマンティックよ永遠にあれ
「ロマンティック」
♪を4ついただいたうた。
お題の「ロマンティック」の出し方がやや唐突だった?

腿の傷そこだけ白く光りゐてなぞればひやり月の傾き
「傾」

三分で三回まはるメリーゴーラウンド春は飛び飛びに来ぬ
「自由詠」
ハート3つの薔薇。なんかたまたまもらえた薔薇みたい。

相槌と取られぬやうに腐心しつつそら豆みんな剥いてしまひぬ
「皆」
「ぬ」ってなんか好きなんですよね。

ここで一端セーブのために踏みませう公園前のあをいマンホール
「マン」
口語旧仮名遣いのうたになりました。

作文を読み上げられてゐし午後の中庭を横切る真つ青なホース
「作」

無意識にまた猫の毛を払ふしぐさ星屑くぐり来たかのやうに
「三句六音」
普段から字余り多めなので、
特にこの時は注意深く「三句六音」だけにしました。

晴れ晴れとさくらの散りてゆく春を障子ぴしやんと閉ぢてしまひぬ
「晴」

両腕のほくろ二人で見せあひて矢車菊のかさついてゆく
「ほくろ」

ゆふぐれを鼻のぼたんに沁み込ませくたびれゆきぬ縫ひぐるみらは
「ぬいぐるみ」
なんとなくだらっと
それこそくたびれた感じのリズムになってしまって
ちょっと反省。

立ち読みの少女に侍るユニコーンの鼻息頁を捲りたがりぬ
「想像上の生物」
「侍る(はべる)」が使いたかった。
「頁(ページ)」も敢えて漢字にしてみました。

うたの日(3月9日「恐竜」)


3月8日のうたの日は「ぐちゃぐちゃ」「掛」「軍」「罫線」でした。
わたしは「罫線」で出したんですが、
投票は出来なかったので、
自作だけ
「罫線」
細すぎるキャンパスノートの罫線じゃ支えきれない春昼の文字(しま・しましま)

3月9日のうたの日は「ノック」「個」「恐竜」「なし」でした。

「恐竜」
塩化ビニールラバーアンバーいつまでも恐竜たちを樹脂に固めて(しま・しましま)
樹脂と恐竜って相性いいなって思って詠んだうた。
塩ビとかラバーは形を模したおもちゃ、
アンバー(琥珀)はDNAが閉じ込められている可能性、
どれも本物の恐竜そのものではないけども。

ハートを入れたうた。
WPPさんの
恐竜を時代遅れと言うきみに語りたいカンブリア紀の愛
「恐竜を時代遅れと言う」って
めちゃ面白いなって思って、
もうそれだけでハート入れてもいい
って思っちゃいました。
それはもう、たしかに恐竜は時代遅れです。
恐ろしく時代遅れ。
もしかしたらこのうたの中の「きみ」は、
流行のアイテムとしての「恐竜」が時代遅れって
そう言ってるのかも知れません。
振り返ってみると、
たしかにちょいちょい恐竜ブームは来てました。
古いところだとヴィクトリア時代。
コナン・ドイルの「失われた世界」の時代です。
わたしの好きな児童文学に
女性の化石発掘家メアリー・アニングの少女時代を描いた
「海辺のたから」
って本がありますが、
これもそういえばその時代。
彼女は12歳でプレシオサウルス、イクチオサウルスの化石を発掘して
世界的に有名になった人なんですが、
その化石も、ドイルによる恐竜ブームが後押ししてくれたから
商売として成り立ったんでしょうね。
そして、その後もちょいちょいブームが来てるはずですが、
やっぱり新しいところだと
映画「ジュラシック・パーク」からの90年代恐竜ブーム。
この映画ももとを辿るとコナン・ドイルに行き着くわけですが。
まあとにかく、
この「きみ」は、
この90年代の恐竜ブームを念頭においての
「恐竜を時代遅れと言う」
なんだと思います。
さらにこのうたが面白いのは、
そこで恐竜のいた時代の愛を語るんじゃなくて、
それよりも、もっともっと古い時代の愛を語りだすところ。
「カンブリア紀の愛」ですよ。
まだやっとこ原始的な生物から進化したばかり
(っていっても恐ろしく長い年月があるんですが)
昆虫とか軟体動物とか節足動物とか、
爬虫類とか出てきてますかね、まあそんな感じ。
その頃に比べれば確かに恐竜の時代は新しい。
主体の古代愛が爆発してる感じがたのしいうたでした。

音符を入れたうた。
森下裕隆さんの
白亜紀の終わり少年期の終わり 滅びたものは愛しやすいね
このうたの下の句
「滅びたものは愛しやすいね」
には、わたし個人としてはあまり共感できなかったんですが、
そういう感覚もあるのかなって思います。
面白いなぁって思ったのは、
「白亜紀の終わり」と「少年期の終わり」を
同列に並べてあるところ。
「白亜紀の終わり」っていうと、
恐竜の時代の終わりですよね。
この大きな時代の区切りと、
「少年期の終わり」という、
傍目にはどこにその区切りがあるのか分からない、
超個人的な感覚の、
だけど超個人的にはとても大きな意味のある区切りを並べる
マクロとミクロ(というのは大袈裟かな)な感じ。

わらびさんの
同志だと信じてたのにティラノにも毛があったとか 隕石落ちろ
ティラノサウルスが実は羽毛ふわふわだったかも!
みたいな画像が出て、
みんなびっくりしたのはもうおととしぐらいの話ですが、
あれはホント衝撃的でしたよね。
キングオブ爬虫類みたいな姿で定着してたのが
根底からひっくり返されたみたいな。
いや、あれはあれでかっこよくて、
あれがティラノサウルスの真実の姿決定版!
というわけではないはずですが、
まだ何も恐竜については知らないことだらけなんだって
思い知らされたような感じでもありました。
そういえば、
他にも、同様にティラノサウルス羽毛ショックのうたを
詠まれてる方が複数ありましたね。
さて、このうたでは、
ティラノサウルスに羽毛が生えていた(かも)
というニュースを
受け止め切れないらしい主体。
「同志だと信じてたのに」
裏切られた感まんまんなところを見ると、
特に頭髪関係の親近感があったんでしょうか。
そういえば、
あの羽毛ティラノサウルスの画像、頭部ふっさふさでしたね。
で、このうたで一番面白かったのが、
結句の「隕石落ちろ」
っていう呪いの言葉。
いまさら!
っていうところがめちゃツボでした。

椋鳥さんの
本当のあなたがどんな姿でも好きでいるからティラノサウルス
このうたも、
前述したティラノサウルス羽毛ショックからの一首
と思います。
っていうか、ティラノサウルスの想像図って
どんどん変化してって、
もうこんなのわたしのティラノじゃない!
80c31225eadb3f9b9399a9f80560753acf8309141442149213.jpg
ってなってたりしますが、
このうたの主体は
「本当のあなたがどんな姿でも好きでいるから」
と、とてもけなげ。
恋する乙女のようなけなげさがいいなって思いました。

たかはしみさおささんの
風呂場から恐竜たちが飛びだしてゆく 足あとが成長してる
これはかわいい恐竜。
もう幼稚園なのに、もう小学生なのに、
まだ全然行動が幼いなって思う子供たち。
今もまた、風呂場からびしょびしょのはだかのままで
大騒ぎしながら飛び出していく。
(ここから妄想)
あーもう!
とか思って、
ちゃんと体を拭きなさい!パジャマ着なさい!
ホントに言わないとしないんだから、
いや、してやらないとダメなの?まだ?
みたいなことを思いながら
びしょびしょの床を拭いていて、
ふと、
床に付いた子供たちの足跡を見ると、
なんだ、もう随分大きくなってるじゃない……
って。
そういう情景を想像して、
ちびっこ恐竜さんたちのかわいらしさはもちろんのこと、
親としての心情にもほんわかしました。

のびさんの
カミナリを聞いた我が子が立ち上がり恐竜の声聞こえたと言う
それこそ恐竜ブームが現在来ているお子さんかな。
カミナリの大きな音を聞いて、
ハッ!がたんっ
「恐竜の声だ!」
ってなったんでしょうか。
めちゃかわいくてステキな連想だなって思いました。
うたの日にもコメントしたんですが、
うたには時間的なことが詠まれてないんですが、
夜の出来事って思いました。
夜って何かいろんなものを神秘的に思わせる
そんな気がします。
実はこのうたを見たとき、
レイ・ブラッドベリの短編「霧笛」をすぐに思い出しました。
毎年毎年、ある灯台の霧笛を仲間の声と思って、
遠くから一匹の恐竜がやってくる、
という話。
カミナリと恐竜の声は多分全然違うもので、
普段はお子さんもカミナリ=恐竜の声とは思わないんだろうけど、
夜の神秘性が、聞きたい音に聞かせてしまうのかも
とか思って、何かほろりとさせるうたでした。

うたの日(3月7日「7音以上の名詞」)


3月7日のうたの日は「役」「ホーム」「蕾」「7音以上の名詞」でした。

「7音以上の名詞」
厳選を重ねてつくるシルバニアファミリーファミリーの終わらない春(しま・しましま)
昨日アップしたツイッターで遊んだお題募集のやつ、
あれが8音以上の名詞だったんですが、
その後すぐにこの
「7音以上の名詞」って題が来て
思わず飛びついてしまいました。
結果は置いといても、
楽しかった。
我が家ではお父さんはくま、
お母さんはきつね
子供たちはうさぎ
とか、家族がバラバラだったりしたんですよね。
シルバニアファミリー家族、
シルバニアファミリー一家
とか考えたんですが、
どうせ遊ぶんだったら
シルバニアファミリーファミリーって重ねてもいいかな
って。

ハートを入れたうた。
シュンイチさんの
ぼんやりと月夜あゆめばラスコーリニコフ心の路地に住むなり
「ラスコーリニコフ」
という長い名前。ロシア文学にうといわたしでも分かります。
ドストエフスキーの「罪と罰」の主人公の名前ですね。
このうたを読んで、
まず月夜の路地を想像しました。
うたでは主体がいる場所を路地とは特定されてなくて、
「路地」は後から「心の路地」として登場するんですが、
それが合わさって、まるで夜の路地を歩いてるように感じました。
そこに登場するラスコーリニコフ。
さて彼はいつのラスコーリニコフなんでしょうか。
ことを起こす前なのか、起こした後なのか。
どちらにしても心に住む人物としては重たい存在ですよね。
普段から、自分の心にはラスコーリニコフが住んでいる
とは主体は意識してなかったと思うんですがどうでしょう。
「ぼんやりと月夜あゆめばラスコーリニコフ」
まるで、ぼんやり歩いているとばったりと古い知人に出会ったような。
なんでここで彼が出て来るんだろう、
と考えて、
きっと自分の「心の路地」にずっと住んでいたんだろう
って思う、みたいな感じじゃないかって思います。
何か重なるところがあったのかも知れません。
さすがに人殺しを厭わないぐらいの独善さが彼と一緒
って程ではないと思いますが。
「月夜」が印象鮮明で、はっと思ううたでした。
ところでこのうた
「ラスコーリニコフ」が三句と四句に跨ってます。
人名を途中で割るのって変な気がするので、
「ラスコーリ」「ニコフ」と分けて読みたくないので、
わたしはここを一気に読んでしまいました。
えーっと、
ここでちょっと遠回りするんですが、
短歌のリズムって
57577ですが、
もうちょっと言うと、
5(+3音の休符)7(+1音の休符)5(+3音の休符)7(+1音の休符)7(+1音の休符)
じゃないかなって思ってます。
あ、これは俳句をそう読むので短歌にも勝手に当てはめてるだけですが。
●●●●●○○○●●●●●●●○●●●●●○○○
●●●●●●●○●●●●●●●○
という感じ。
それにこのうたを当てはめると、
ぼんやりと○○○月夜あゆめば○ラスコーリ○○○ニコフ心の○路地に住むなり○
となるんですが、
前述した通り、人名を割りたくない。
しかもけっこう間に休符を入れて読みたくない。
ということで勝手ではありますが
ぼんやりと○○○月夜あゆめば○ラスコーリニコフ○○○心の○路地に住むなり○
と、句跨りというよりはやや破調で読ませていただいたことを
ここに書いておきます。

音符を入れたうた。
睡さんの
ラブポーション・サーティーワンにかぶりつく 待つのはいつも私ばかりだ
ついこの間も
勢いがあって、明るくて、ピンク色がすき
って書きましたが、
そう、ホントそういうのがすきなんだなぁって
あらためて今思ってます。
「ラブポーション・サーティーワンにかぶりつく」
ってこの勢い、このアイスの色味。
アイスのチョイスいいですよね。
ハートがまぎれてるんですよ。アイスの中に。
恋する女の子のアイスにぴったりって思いました。
「かぶりつく」もいいなって思いました。
待たされてるっていういらだちを、
言葉じゃなくてアイスにぶつけてる感じが
めちゃかわいいなって思いました。
そこから一マス空けの下の句で、
でもやっぱりこういうの辛い
っていう心情がほろっと素直に出ちゃうとこもいいなって思いました。

けらさんの
チロリアンテープの赤い縁取りで少し跳ねてる上履き袋
「チロリアンテープ」!
かわいいですよね。もうそれだけでもかわいい。
しかも「赤い縁取り」の「チロリアンテープ」。
なんてかわいいんだろう。
手作りの上履き袋でしょうか。
そりゃかわいくてうれしくて弾んで跳ねちゃうなって思います。

小川けいとさんの
リュウグウノツカイはいつも目的を達成できず浜で死んでる
「リュウグウノツカイ」って、
そういえばわたしたちの目に触れるときって、
大体死んでしまった後ですよね。
浜というよりはわたし的には水揚げされてしまうイメージでしたが。
昔はこの魚が浜にあがってると、天変地異の前触れとされたとか。
まあ、そんなことはどうでもいいんですが、
この「リュウグウノツカイ」を
「いつも目的を達成できず」と捉えているところが
面白い視点だなって思いました。
「竜宮の使い」ですからね。
何かお使いの目的を持っていたと見るところ、
面白いなって思いました。
もしかしたら、
作者(と断定していいのかわかりませんが)は
なんとなくこの魚の死を自分に当てはめてるのかな
って気もします。
「目的を達成」出来た!って思えることって
あんまりないですし、
なんとなくもやもやっとした気持で見る
リュウグウノツカイの死は、
お使いの不達成であり、何か達成できた気がしない自分の投影かも
とか思ってしまいました。
深読みですいません。

木蓮さんの
君は今笑ってますか ふと白いナンジャモンジャノキを仰ぎ見る
わー「ナンジャモンジャ」!
ってちょっとテンションがあがってしまいました。
わたしナンジャモンジャの花大好きなんです。
満開になると白雲みたいなボリュームで、
ほんと、思わず「仰ぎ見」ちゃいますね。
この雲のような白い花を見てて
古い思い出がふーっと湧き出される感じ、
なんか分かるなぁって思いました。
そして、今も幸せでいてほしいっていう
切なくもやさしい気持になっちゃうなって思いました。

ところで、
こういう長い名詞を、
57577の定型の中にどう組み込むか
って結構難問ですよね。
ジャスト7音の名詞であれば、
とりあえず二句目、四句目、結句のどれかに
ぴたっとはまるかも知れませんが
今回の出詠を改めて見たところ、
結句に置かれてるのが6首。
二句目にジャスト7音で置かれてるのは1首のみ。
なんとなくほほぅと思わされました。
あえてなのかもしれないんですが、
破調にしてあるうたが
結構あった印象。
わたしの感覚で破調、
あるいは破調気味だなって思ったのは
10首ほど。
その中で、ちょっとおっと思ったのが
@aokikenichiさんの
赤丸がスリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ彼の地図帳どこか淋しい
でした。
「スリジャヤワルダナプラコッテ」って、
覚えるときについ、
「スリジャヤ」「ワルダナ」「プラコッテ」
って切ってしまいますが、
本当はこのうたの通り
「スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ」
中黒を付けなかったら、
多分、定型に当てはめて読んでしまうところですが、
これを敢えて定型を崩しても、正しく切れるところに中黒を置かれた
っていう姿勢、この都市への敬意が感じられていいなって思いました。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ