プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(しま・しましま)


うたの日
4月24日歌題「引っ越し」

バス停にすずかけの木のかろやかな影がかぶさり新しい街(しま・しましま)

この日のお題は「引っ越し」「駅」でした。
地方住みのくせに車を持ったことがないわたしは、
引っ越しすると、まず散歩がてらバス停を探してました。
それにしても、全然意識して詠んだわけじゃないけど、
かの音が多くてちょっとうるさいかもね。

この日のすきな歌。
杏野カヨさんの
引っ越しのあと母からの荷物あり底に故郷の新聞敷かれ
うたの日の方にも書いたけど、「故郷の新聞」がホントいいなー。
上の句で情、下の句で景が見えるようでした。
椋鳥さんの
ふるさとのそこだけ掠れている文字はきみと別れた駅の名前だ
この日は、どちらの題のハートも「ふるさと」だったんだなぁ。
並べてみて、初めて気が付きました。

095:申(しま・しましま)

税務署はガラスぴかぴか申告のわたしを呑んで吐き出しにけり

うたの日おまけ2

地球は遠い。そして、地球へ行くための準備はいろいろある。
ぼくらは夏休みに入る前から、いろんな準備をした。
地球は遠いって言ったけど、それでも宇宙船で一週間ぐらい。その一週間、起きててもいいし、ずっと寝てることも出来るんだって。行きで宿題終らせちゃって、帰りで自由研究の地球レポートしあげればいいね。船に入ってすぐベッド行って、寝て、起きたら地球なんて有り得ない。
パパがこの星に来た頃は、三ヶ月ぐらい掛かったんだって。それも、途中ハブを挟まないとこれなかったって。
おばあちゃんの子供の頃はもっとひどくてな
ってパパ。
地球からの移民が始まって歴史が浅くて、行ける星も少ない上に、10年以上かかるところもあったんだ。だからパパがこの星へ行くって決めたとき、おばあちゃんは大反対だったんだよ。もう二度と会えないように思い込んでたんだな。
まあ、実際、数えるほどしか帰ってないんだけど。
そういって、パパはすまなさそうな目になった。

地球行きの準備。
まずはおばあちゃんに報告。夏休みに遊びに行くよって言ったら、おばあちゃん泣き出しちゃって、びっくりしてパパを振り返ったら、パパも涙ぐんでた。
あとは、やっぱりパスポートと、それから着星許可証がいる。
おばあちゃんが住んでるから許可はおりやすいんだって。

おばあちゃんちに持って行けるもの。
いくつかの服は持っていける。でもこれは船で着るもの。
向こうで地球の服を買うんだって。
夏って高気温高湿度だから。
あと、こっちで写した沢山の写真とムービーをフォルダーにいれたもの。
友達のユーリの動画をおばあちゃんに見せるって、ユーリと約束した。ユーリもまだこの星の外に出たことがないんだ。
そうだ、ユーリに地球のムービーを見せる約束してたから、カメラも持っていかないと。

地球ってどんなところ?
毎日毎日、夏休みに向けてどんどん時間がすぎていくけど、ぼくは待ちきれなくてたまらない。
クラスメートのサバが、どこだって同じだよという。
球体の星の表面に、人間が生活してるんだから。
そういうサバに、ユーリが食ってかかる。
でも、地球にはホントの植物があるんだよ。
ずっとぼくと地球のことを調べてたから、ユーリはもうすっかり地球のファンになってる。
でも、ホントの植物ってなんだろう。ぼくらの見てる植物は、ホントのものじゃないのかな。ぼくらの食べてる植物は偽者なのかな。
ぼくらの町の一番の植物はヒマラヤスギだ。まだ、この木を覆うドームはすかすかだけど、いつかこの町のランドマークになるほどに育つはずなんだって。
ぼくらが大人になるころには、もっと大きくなってるはず。
家に帰って、パパに、ホントの植物について聞いてみた。
いや、本当はどっちもちゃんと植物なんだよ
ってパパがいう。
この星の植物は、人間がきちんと世話をしないと育ってくれないけど、地球の植物は、自分たちの力で育つんだよ。地球には、太陽の光が直接届くから、それが出来るんだ。だからまあ、ホントっていえばホントの植物だけど、この星の植物が偽者ってことではないんだよ。
うーん、パパの言ったこと、わかるようでわからなかった。実はパパもわかってないんだってパパが笑う。

今日は離星講習のムービーを見た。
ちゃんと見たってフラグをつけておかないと、チケットが発券されないんだ。
そうか、ぼくはあさってはもうこの星にいないんだなって考えたら、なんだか不思議な感じがした。夏休みの宿題は、直接ぼくらが乗る船へ送られるんだって。沢山なきゃいいんだけど。
パパは毎日いろんな人と通信して、むずかしい話をしてる。8月まるまる仕事を休むって、大変な事みたいだ。
もちろん、おばあちゃんとも毎日話をする。もう夏じゅう着ても余るぐらいに服を買っておいたんだって。おばあちゃんが見せてくれたのは、派手な下着みたいな服で、こんなのだけってちょっと寒すぎるんじゃないかな。

荷物の準備も終ってエアポートへ送ったから、ぼくはもう何もすることがない。
けやきの写真を見て、それから広場へ出てヒマラヤスギのドームを見に行った。ぼくが9月にまた見に来るときまでには、少しは大きくなってるかな。
パパの最後の仕事が終って、ぼくらはエアポートへ向う。今日の最後の地球行きの船に乗るんだ。
エアポートに近くなった時、ちらっと建物をはみ出した船の影が見えた。
「ほらナイル。あれが、今から乗る宇宙船だよ」

うたの日おまけ

うたの日「船」のお題で
もう一つ、すきな歌があって、
それが
月丘ナイルさんの
地球行き最終便の出発とともに我が子は眠りに落ちぬ
でした。

「地球行き最終便」って、想像が広がるフレーズだなあって
思ってて、
こんなものを書いてしまいました。


おばあちゃんちにはな、大きなホントのけやきの木があるんだぞ。けやきって知ってるか、夏はみどりの葉っぱが大きな影を作ってくれて、秋になると、その葉が赤や黄色に色を変えるんだ。
何度も聞いたパパの「おばあちゃんちのけやきの話」。
ぼくらは、バラ目ニレ科ケヤキ属のこの落葉高木について、写真を集めては、おばあちゃんちを想像してみた。きっと、この大きなけやきの木の下に、ちっちゃなおばあちゃんが一人で暮らすちっちゃな家があるんだろうな。
そう言うたび、パパは、おばあちゃんちは大きいぞって言うんだけど、ぼくはネットで拾ってきた樹齢1500年のけやきの左右に大きく張り出した枝や、フレッシュローリエに似た細長いその葉っぱしか思い描くことが出来なかった。
夏休みにおばあちゃんちに行く
そう決めたのはパパだった。
夏休みって言っても、ぼくらの住むこの星には夏はない。というか、季節そのものがない。だけど、この星に住む人たちは、地球と同じカレンダーで暮らしてるから、8月はまるまる学校が休みになって、それを「夏休み」って呼んでる。おばあちゃんちは地球だから、ホントに夏があるんだぞって、パパはまるで自分が夏を作ってるみたいにいばって言う。


まあ、ここまでで力尽きたわけですが。
どこかの星にパパと二人で暮らす少年が、
地球のおばあちゃんちに遊びに行く、
そんなお話あったら、
眠くても地球に着くまで眠れないなぁと
思って、
ついやっちゃいました。

うたの日(爪)


うたの日
4月23日歌題「爪」

伸びた爪がてのひら傷つけないようにずっと親指握りこんでた(しま・しましま)

この日のお題は「爪」「船」。
正直、グーの時の親指、長い間握りこみ型でした。

この日好きだなって思った歌は、
404notF0816さんの
パンプスの形に丸まる爪先をさすってひらく夜の玄関
生活の息遣い、みたいなものを感じます。
わたしはこの歌の
「爪先をさすって」「ひらく」「夜の玄関」
の「ひらく」を
「夜の玄関」に掛かると読んだんですが、
外での仕事の時間が終って、
家の中でのリラックスタイムが、同時に開かれていくように感じました。
希和子さんの
おじいちゃんと遊んだ船は今もある 田舎の家のお風呂場の隅
も、ホント好き。
お年寄りの住む家って、
えっと驚くような古くて、現在だれも使わないだろうと思われるものが
そのまま置いてあったりしますよね。
思い出の品として、とってあるという風情でもなく、
これを誰かが使ったのが、ついこの間
みたいな顔で置いてある。
だけど、ほこり被ってたり、色褪せてたりしてて
それがこの間じゃないことを物語っている感じなんだけど。
この「船」もそんな感じかなぁと思いました。

ストローの蛇腹をぜんぶ伸ばしきる多分佐藤の影響だろう


ストローの蛇腹をぜんぶ伸ばしきる多分佐藤の影響だろう
というのが、題詠ったーで初めて作ったやつ。
「影響」と「西武線」のどちらかで50分以内という指定でした。
そして何で「佐藤」なのか、
それは、その日のうたの日のお題が「佐藤」だったからなのでした。

遠くからまばらな拍手の音がして目覚めた 雨が降り出している
「雨」と「赤」のどちらかで2時間以内
イメージが広げやすいお題で、どっちかだけでよくて、
2時間以内という親切設計な感じの日でした。

二本だけ吸ったたばこの灰皿が交換される さびしいごっこ
「ごっこ」と「走る」のどちらかで35分以内
どうしても「ごっこ」が使いたくて使ってみた、
って感じ。今見ると、ごっこの部分が浮いてるかも。

ええーっ無理っ無理っって日もあって、
「戦闘」と「切り替え」の二つとも使って10分以内
とか。
非戦闘地域に犬を残しおき、自動車免許切り替えにいく
という歌をひねり出しました。
いや、まじで。ひねり出したとしかいえない。

考える時間だけはたっぷり与えられてても
お題がきついのも。
「占い」と「パパ」の二つとも使って2時間30分以内
とか、どうすんだって感じでした。
「今日の占い」ラッキーアイテム歩道橋だってとパパの背中に告げる
この、がんばりました感。

あ、なんか微妙だった歌メインで紹介した感じになっちゃったな。

094:腹(しま・しましま)

ぬるい湯に浸かつて腹に手を当てるじんわり奥が冷えてをるらし

うたの日(正)

うたの日
4月22日歌題「正」

左に傾けば左にこぼれる わたし正しく愛のいれもの(しま・しましま)

この日のお題は「正」「ちゃん」。
前に「闘」のお題のときもやったけど、
「左に傾けば左にこぼれる」みたいに、
上の句に定型感のない17音って
どうなのかなーと思いながら出しました。


この日いいなと思ったのが
葵の助さんの
正しさはなぜ一つではないのだろうぶつかり合った果て 焼け野原
中村成志さんの
まあちゃんはふたつ年上髪留めのゴムくれたこと厚いくちびる
と、ハート二つあったらつけたかった
中牧正太さんの
こうちゃんと呼べば野山のにおい立つみずほ銀行支店長室
でした。
それにしても
中村さんの「まあちゃん」の歌、
完全に作者は女性だと思ってました。

ところで、
うたの日とは関係ないんですが、
「題詠ったー」というのを利用して
毎日ツイッターで一人題詠してますが、
気が付いたら一ヶ月以上たってました。
つまりけっこう数を詠んでた。
それらは、
ある程度たまったらもう一つのブログの方にアップしてたんだけど、
その中でも自分が好きな歌とか
ファボってもらった歌とか
こっちに載せていこうかなーとか
考えてます。

うたの日(輝)

うたの日
4月21日歌題「輝」

初夏の光のなかにある影の瞬き 水に足をひたす(しま・しましま)

この日のお題は「仲間」「輝」。
わたしが、好きだったのは
404notF0816さんの
いつの間に仲間になったかしらないでぎゅっとつないだ花いちもんめ
と、
ハートは付けなかったんだけど、
同じ「仲間」の
中村成志さんの
三億の兄弟を持つマンボウの水槽に照る舵鰭の裂け
「輝」では
きいさんの
ていねいに黄砂流して透かし見る車体のカーブに戻る輝き
でした。
体言止めの歌って、いいなと思います。
用言の、特に口語の用言で終るものは、
最後に余韻がふわっと残る感じだけど、
体言は世界観をきっちりホールドしてくれる感じ。
だからこそ、最後に何を置くかが大切なのかも。
最後に置いた名詞のイメージが一首の世界観を象徴するのかな。
そういうところも意識して詠むようにしてみよう。

ところで、以前書いた月の歌会ですが、
結果が出てます。
はつなつの両手を風に遊ばせて点字ブロック跨げばもう 海(しま・しましま)
いっぱい評価をいただいて首席になりました。
わーい。
上の句がややぼやっとしてるんで、
鮮やかさが欲しいなーと思って黄色と青を配置してみました。
この下弦の部で
わたしがいいなって思ったのは、
404notF0816さんの
はつなつの両手を風に遊ばせてプリズムまみれのジェットコースター
でした。
このキラキラ感、
いい意味で上の句の雰囲気をがっつり裏切る感じ。
4句も結句も一音ずつ多いんだけど、
「まみれ」「の」の「の」でつながっていること、
「ジェットコースター」の「-」と伸ばす力強さが
字余りなのに、もったり感よりも、力強いスピードを感じさせるような
そんな気がしました。

うたの日(ソファー)

うたの日
4月20日歌題「ソファー」

トーストにはバターじゃないとという君と並んで座るニトリのソファ(しま・しましま)

この日のお題は「ジブリ」「ソファー」。
ジブリ!
と、一瞬いろめきたちましたが、
この間、俳句の方でトトロで三句つくったばっかりなので
もうしばらくいいかなー
と思って「ソファー」にしました。
ちなみに
底抜けのバケツを抜けて風光る(結果はまあまあ)
おとうさんおはなやさんね山笑ふ(結果はそこそこ)
自転車で田植ゑ休みの日の過ぐる(結果は0点)
でした。

この日わたしがいいなって思った歌は
ゆらさんの
豚になるかもしれないと笑いあうトンネルに似たカフェでふたりは
雀來豆さんの
誘われて出かけなかった日の暮れにソファーの猫を揺らしてあそぶ
でした。
「豚になるかもしれない」「カフェでふたりは」
「誘われて出かけなかった日」「揺らしてあそぶ」
どちらも、初句というか、詠み出しにやられて、最後でまたやられる感じ。
いいな、こういう作り方。

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ