プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

もごもごと考えたこと


「短歌の本音 うまくなりたいのか~男たちの短歌上達法」
というネプリがありました。
「短歌が上手になるためには」というテーマで
7人の男性歌人さんがエッセイを書かれているというステキネプリ。
具体的にどのぐらいという事は分りませんが、
ここにエッセイを寄せられている方々は、
わたしよりもずっとずっと短歌歴の長い方々なので、
それぞれがとても興味深く、たのしく読ませていただきました。
エッセイひとつづつに、
もちろんそれぞれ感じるところはありましたが、
僭越な気もするので、
個々の感想はここに書きませんが、
うん、そうですね、
振り返ってわたしはどうだろうと
つい考えさせられてしまう、そういうエッセイ集でした。

うん、そう、
わたしだったら……。
「うまくなりたいのか← →そうでもないのか」
という分岐があるとしたら、
うまくなりたい、ですね。
伝わる言葉がちゃんと使えて
きちんとこちらの想定してる景が
相手に結んでもらえること
それが理想かなぁとか考えます。
一度発表したら、
読みの部分は読者にお任せするしかないんですが、
それでも、
自分が想定した、ここはきちんと図が結ばれて欲しいところを
ちゃんと押さえて詠めるようになりたいです。
あと韻律ね。
せっかく「短歌」を詠むんだから、
きっちりゆるぎなくでもゆるくでもいいので
短歌の韻律で詠めるようになりたい
と思います。
今のところはゆるゆるなんですけども。
そういえば、
この韻律に非常に関係ある話なんですが、
現代短歌を声に出して読む場合、
どういう感じになるのか。
これが短歌をつくり始めてからも、
結構疑問でした。
百人一首を読み上げるときみたいに?まさかね。
いや、そこまでではないけど、
やっぱりある程度は歌うように読み上げるのかも……
いやいや、俳句と似た様な感じで、
57577にフレーズを分けて、
あとは現代語のイントネーションで読んでるんじゃ……
いやしかしそれは希望が混じってるかも…
みたいな感じで、
はっきりと分らない。
当り前ですが、短歌入門の本を読んでも、
そういったところは登場しない。
(話はやや脱線しますが、
数冊の短歌入門系の本を読んだんですが、
わたしがアレが知りたい!と思うものほど
書いてなかったですね。かすりもしない。
わたしが希望する情報がニッチすぎ?とか悩んだりして)
まあ、そんな感じで、
結局、ふむ!こんな感じで読むのか!
って理解したのが、
うたの人のツイキャス(たしかりおこさんの)とか、
あと、ニコ生でやっていた大学短歌バトルでした。
なるほど!
意味で切れるところまで読むタイプと
57577のリズムで読むタイプと、
その辺りは人によるようだけど、
とにかく歌わないんだ!
それがはっきり分ったのは、
わたしにとって短歌の韻律を考える上で、
結構プラスになったと思います。
その辺りは俳句と同じ感じで考えていいんだなって。
リアルの歌会などに出席すれば
そういうことは悩む必要もないんだな
って気がついたのは随分後でした。

なんだか微妙に締まらない感じですが、
まあ、そんなことをもごもごと考えたりした、
そんなエッセイ集でした。
スポンサーサイト

50音童話短歌(ら~ん)


50音童話短歌


【ら】
「ラブ&ピース!」ハートの女王の法廷はかく開かれてゆく

【り】
リスボンは知らない国の首都だけどピッピがわたしに教えてくれた

【る】
るす番は七匹いても淋しくて ねえおかあさんかえってきてね

【れ】
練習でいちども成功しないなんてちいさなスニフはげろをはきそう

【ろ】
六月のこまかな雨に降り込まれ百エーカーの森のにぎわい


上から順に
不思議の国のアリス
長くつ下のピッピ
七匹のこやぎ
ムーミン
くまのプーさん
でした。


【わ】
わたしたちレタス畑のベンジャミンとピーターみたいに眠ってしまう

【を】
をを、を、を、を、をを トランプたちは散らばってバラを塗るのに一生懸命

【ん】
ンドゥールのうたう Ob-La-Di Ob-La-Da にふと重なって Bibbidi-Bobbidi-Boo


上から順に
ピーターラビットのおはなし
不思議の国のアリス
シンデレラ(ディズニーアニメバージョン)
でした。

というわけで、
50音童話短歌おしまいです。
最後の「を」と「ん」、
無理矢理感がひどいですね。
不思議な国のアリスとナルニア国物語、ピーターラビットが多いですが、
それはもともと、
それぞれプチ連作にして遊んでいたから。
一作一首しばりにしても良かったかなぁと
思いつつも、
それぞれ自分で好きなうたを
一首に絞れないところがあるんですよね。

50音童話短歌(ま~や)


50音童話短歌

【ま】
またあの男が若い娘を娶ったらしいあの古い鍵束をまた渡したらしい

【み】
水音にもめずらしそうに耳を澄まし床より上の世界は深い

【む】
向き合えばすぐに分かってしまうことアヒルの子しかアヒルにならない

【め】
目隠しをされているのはどっちだろう マクレガーさん、手の鳴る方へ

【も】
もう金の卵を産まぬにわとりの天を焦がれてなく夜がある

上から順に
青ひげ
床下の小人たち
みにくいアヒルの子
ピーターラビットのおはなし
ジャックと豆の木
でした。


【や】
やわらかい白パンあつめていたはずの戸棚がいつか蒼い蒼い空(そら)

【ゆ】
遊園地いつまでも遊んでいようロバのしっぽと耳を生やして

【よ】
夜がこわいとわかる前なら行けたのに右から二番目の小さな星へ

上から順に
ハイジ
ピノキオ
ピーターパン
でした。

50音童話短歌(な~は)


50音童話短歌

【な】
ナルニアへ盗んだ軍馬で走り出すさらばティスロック(みよとこしえに!)

【に】
にっこりのかたちの口の横の幅 かつてのカエルの名残の夫(つま)

【ぬ】
沼人のパイプけむりは低く垂れ旅の火口(ほくち)は湿らせぬまま

【ね】
ねえ、ジミニー・クリケットなら分かるよね たくさん泣くとよい子になるの?

【の】
のぞき窓ななめに覗いて確かめる(魔女の鼻ってときどき不便)

上から順に
馬と少年(ナルニア国物語)
カエルの王さま
銀のいす(ナルニア国物語)
ピノキオ
ヘンゼルとグレーテル
です。


【は】
はちみつをたらふく食べてはちみつの振りしてはちみつ採りに行くよ 蜂

【ひ】
ひとりでは生きられないと分かっててかしこい猫はひとりで立った

【ふ】
笛吹きがつれてきた子とねずみらのざわざわざわざわ笛吹きの家

【へ】
ベッドルームの灯は消さないで 何時(いつ)になれば影をさがしに来るんだろうか

【ほ】
ぼくがもし何も言わずに消えたならゲルダになれる強い君だよ

上から順に
くまのプーさん
長靴をはいたねこ
ハーメルンの笛吹き
ピーターパン
雪の女王
でした。

50音童話短歌(さ~た)


50音童話短歌

【さ】
ささやかなティーパーティにあの白いうさぎが時間を持ちこんだのだ

【し】
しっかりとレンガを積んだ家の中こぶたさんびき肥大してゆく

【す】
水棲の生き物だったせいかしら王様はときどきとてもウェット

【せ】
ぜいたくに育ちましたの敷きぶとん何枚あってもねむれない夜

【そ】
ゾウを飲んだうわばみとでも思ったでしょうあれはあなたを飲んだわたくし


上から順に
不思議の国のアリス
三匹のこぶた
カエルの王さま
えんどう豆の上に寝たお姫さま
星の王子さま
です。


【た】
だちょうヶ丘公園前のバス停は片足立ちのバオバブの稚木

【ち】
小さな石は赤ずきん大きな石はおじさんが運んできたのとおおかみに言う

【つ】
月あかりがもしも王子のお部屋まで続いていたらきっとナイフを

【て】
テスターの甘い香水かぎあって二匹のこわいわるいうさぎ

【と】
遠き日に王や女王でありました 角笛で呼んでそして頼って


上から順に
かたあしだちょうのエルフ
赤ずきん
人魚姫
こわいわるいうさぎのおはなし(ピーターラビット)
カスピアン王子のつのぶえ(ナルニア国物語)
です。

50音童話短歌(あ~か)


50音童話短歌

【あ】
挨拶はたぶん短い方がよく宜しくって握手握手お名前をどうぞ

【い】
いやはての東の海のその先へ(眠りにつけばいつでも行ける)

【う】
歌ってる間にどうぞ行っちゃって森に消えたら追いかけないよ

【え】
エルマー・エレベーター時々くちに出してみるやっぱりとてもいい名と思う

【お】
大人にもうさぎのパイにもなれないよ両手のゆびに十のマニキュア


上から順に
不思議の国のアリス(ディズニーアニメバージョン)
朝びらき丸東の海へ(ナルニア国物語)
鏡の国のアリス
エルマーのぼうけん
ピーター・ラビットのおはなし
です。

【か】
冠がなければあの子も口を閉ざし裸の大人に目をそらしたはず

【か】
母さんの目の光る家ゆ狼の口笛一つに連れ出されたり

【き】
きらきらと月夜にパン屑かがやいて鳥たちはみな子供らを追う

【く】
くつしたをはかせ忘れたことなどもゼペットさんは気づかないまま

【け】
けっきょくは城にもどるという君を見つめる十四のひとみひややか

【こ】
こきこきと夜の帳の上がりゆき糸なし人形劇のはじまり

【か】については、どっちがいいか絞りきれなくて、
とりあえずどちらも載せてしまいました。
上から
裸の王様
赤ずきん
ヘンゼルとグレーテル
ピノキオ
白雪姫
ピノキオ
です。

うたの日(9月11日~20日)出詠分まとめ


うたの日
しま・しましま出詠分

9月11日「余韻」
子供らをひとりひとりと飛び立たせ余韻のごときぶらんこの揺れ

西淳子さんから評をいただきました。
ぶらんこを立ち漕ぎして、
勢いをつけてジャンプってしますよね。
うちの娘さんたちも幼い頃はそうやって
ぶらんこで遊んでました。

9月12日「0時」
洗いざらいぶちまけてきた午前0時もうアサリらも吐く砂がない

雨宮司さんから評をいただきました。
言いたいことをお酒の場で言うってそれはそれで爽快だけど
やっぱり朝になって後悔したりして。

9月15日「霧」
上陸を選ばなかったものたちの霧笛がわりの遠吠えをきく

レイ・ブラッドベリの短編「霧笛」のイメージで詠みました。

9月16日「憲法第900条で定めたいこと」
夢をみる自由は、これを保障する。何人も夢の評価を下してはならない。

7音多いんですよね。
5・7・5からの12・9。
でもなんとか「何人も」を入れたかったという。

9月17日「栗」
他人事のように頷いたりもする甘栗ぱちりぱちりと鳴らし

甘栗の醍醐味って、
やっぱり気持のいい音で割るところかなぁ。
家で作ったものだとそれが出来ないんですよね。

9月18日「パン」
公園のベンチで一人を噛みしめてパン屑払えば集うハトたち

ゆっくり詠み出していって、
パン屑払ったところから忙しくなる感じが
面白いかなって思って詠んだうたでした。

9月19日「曇」
意気込みのあらわれなんです鼻息も顔を寄せれば曇る鏡も

恋愛系の短歌ってあまり詠まないんですが、
これはそっち系。

9月20日「狂」
明るさは間に合ってます 目瞑ってすこし狂った雷鳴を聞く

目をつむると色んな感覚が変になったりしませんか?
ぴかぴかって先に稲妻がくると、
どうしてもその後の雷鳴に身構えてしまうので、
いろんなことがちょいちょい中断されるんですよね。
嫌いではないけど。

#私の作品についてどう


またツイッターの話なんですが、
私の作品についてどう思ってますか引用RTで教えてください
ってタグが
昨夜流れてて、
私の作品か
と、ちょっと考えてしまいました。
どう思ってもらえてたら嬉しいんだろう。

50音童話短歌とか詠んで遊んだりするので
童話ちっくな雰囲気も大好きなんですが、
やっぱり自分としては
日常詠であることが多いかなぁって
そう考えると、
日常の切り取り方について
なにかしら印象を持ってもらってたらうれしいのかな。

たとえば、
「未来」誌に載ったものだと
アイロンのまだあたたかい 手を触れてこのまま冷たくなるのを看取る(5月号)
チラシと共に押し付けられた花種がかばんの中でひやりと触れる(6月号)
干しおえた布団の熱のとれるまで書かない手紙を考えている(7月号)
このあとはだれかの時間顔を拭いたタオルで洗面台を軽く拭う(8月号)
石鹸を三回撫でる 決められてないことばかりに縛られている(9月号)
とかそういうの。
(今思ったけど、こうやって並ぶと結句が口語で終止って単調だな)

日常詠というか、
日常にあるモノを軸にして詠むのが
好きなのかもと思ったりして。
「未来」誌に送るものは、
題詠ではないんだけど、
何かをぐっと自分のフィールドにひきつける時に、
自分なりの手がかりが欲しいとか
多分そういう感じなのかな
とか、
自分のことではありますが
そんな風に考えたりして。


ちなみに、前述の50音童話短歌ですが、
いつか何らかの形で決定稿を出しておきたいですね。
とは言っても50音50首(正確には46音46首)なので
分量が微妙に多いような。

うたの日(9月1日~10日)出詠分まとめ


うたの日
しま・しましま出詠分

9月1日「悲」
悲劇だと思えばそうであるような手からこぼれたフリスクが山

淡海わこさんから評を頂きました。
これはわたしの中では結句の「が」がポイントかなぁって思ってます。
ここが傷と思われるかもしれないし、
ほんの少し冒険した感じでした。

9月2日「印」
もう何のしるしだったかわからない花びらみたいな付箋をはがす

久哲さんと堂那灼風さんから評を頂きました。
付箋を貼ったときには、何か思うところがあったんだろうけど、
しばらく時間が経つとその思うところが全然わからなくなる。
当り前といえば当り前だけど、
ちょっと面白いかなって思いました。

9月3日「百」
百日の夏をなんとかやり過ごしメリメリはがすひまわりの種

「百日」に、その長さだけじゃなくて
夏の強い暑さ「烈日」とかが連想されればいいなって
そう思って使ってみました。

9月4日「切」
おそるおそる誰かのジョークに微笑んで口の端また切ってしまうよ

どっと笑いが起きるような人の話が
ちっとも面白いと思えないときってありますよね。
回りから笑いが起きて、
初めて、あっジョークなんだ
って分るような。
そういうときって所在ない感じがします。

9月5日「バールのようなもの」
バールのようなものをかすかに引きずって誰かが明日をこじあけに来る

松岡拓司さんから評を頂きました。
アスファルトを金属のこすれるような音。
窓から見えるこちらへ来る誰かのシルエット。
そういうものを考えてました。

9月6日「旅」
旅行鞄に赤を選んだあの頃は今よりずっと生きてたみたい

雪間さとこさんから評を頂きました。
いや実際、赤のスーツケースが埃かぶってるんですよ。

9月7日「葡萄」
シャインマスカットぱちりと口の中に割れるたび改まる秋の日

秋のくだものの中でシャインマスカット(種無し)が一番好き。
皮ごと噛むときの感じが特に好きです。

9月8日「重」
八宝菜のうずらの卵逃げやすく重たい話を待たせてしまう

曰さんと太田宣子さんから評を頂きました。
八宝菜ってうずらの卵が一番輝く場所ですよね。

9月9日「躊躇」
躊躇しているんだろうかねこじゃらし風の招きに飛び立てずいる

そう考えるとタンポポの綿毛は気軽なヤツですよ。

9月10日「自由詠」
早すぎるあきらめるって決断も電気ポットの湯が沸くことも

電気ポットってホントお湯が沸くのが早くて、
ちょっと情緒とかないのか
って、
時間のあるときは思ったりしますが、
やっぱり早いと便利。

ところで、
やっぱり毎日の張り合いが足りないので、
10月からはうたの日の感想をブログに書こうかな
とか考えてます。
自分が選ばせていただいたうたと
じっくり向き合うのも
やっぱり楽しかったなって。

八拍と塚本邦雄の話


昨夜ツイッターで
俳句を八拍で読む
と書きましたが、
これはこういう理由です。

俳句はご存知の通り
575
○○○○○/○○○○○○○/○○○○○
なんですが、
実際に読む時は
○○○○○○○○/○○○○○○○○/○○○○○○○○
で読む感じです。
575ですので
●●●●●○○○/●●●●●●●○/●●●●●○○○
って感じです。
言葉を当てはめてみますと、
中年や遠くみのれる夜の桃(西東三鬼)
ちゅうねんや○○○とおくみのれる○よるのもも○○○
手をつけて海のつめたき桜かな(岸本尚毅)
てをつけて○○○うみのつめたき○さくらかな○○○
句またがりの場合も
万緑の中や吾子の歯生え初むる(中村草田男)
ばんりょくの○○○なかやあこのは○はえそむる○○○
字余りだと
呼んでいただく我名は澄子水に雲(池田澄子)
よんでいただく○わがなはすみこ○みずにくも○○○
見たいな感じで、
ブレスというか切れ目を入れてリズムをつけてる感じでしょうか。


さて、
昨夜の話は塚本邦雄の
モネの偽「睡蓮」のうしろがぼくんちの高架ですそこをのいてください

塚本正調というか初句七音定型で読むので
もねのにせすい・れんのうしろが・ぼくんちの・こうかですそこを・のいてください
だというのが違和感あるなというものだったんですが、
これに八拍を入れてみると
もねのにせすい○れんのうしろが○ぼくんちの○○○こうかですそこをのいてください○
となるわけです。
そう思うと、
「睡蓮」という絵のタイトルを「すい○れん」と分けて読むのに
かなり違和感が出て来るなぁと。
そこに句切れがあると意識するだけで
「れん」の「れ」を強く読んでしまうなぁとか。
もねのにせ○○○すいれんのうしろがぼくんちの○○○こうかですそこをのいてください○
の方が読みやすいじゃん
という。
まあ、作者が実際それをやってたんだから
といわれればそれまでの話で、
それはそれで面白いなぁと思って、
もうちょっと塚本短歌を読んでみようと思ってるところです。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ