プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたの日(付箋)

うたの日
2月27日歌題「付箋」

捨てたはずの付箋がひじにくっついたままでそんなにさみしくない春(しま・しましま)

この日のお題は「付箋」と「聞」。
最初、「聞」で
悲しいと眠いはとても似てるから眠たいのって聞かれてしまう
という歌を作ってみたんだけど、
具体性に欠けるってゆーか
具体的なものがいっこもないな……
と思って没にしました。
で、「付箋」の歌にしたんですが、
これが初句と結句がそれぞれ
「捨てたはずの」「さみしくない春」と一字余り。
しかも句またがりでうねうねしたつくりになっちゃいました。

このお題で一番好きだったのは
泳二さんの
閉じたまま忘れたくない春色の小さな付箋だらけのこころ
という歌。
閉じたまま忘れたくないこころって、
記憶とか思い出のことかなあ。
そういうものが引き出されちゃう特定の書物かもしれないけど。
んで、
わたしが特にいいなと思ったのが
「春色の小さな付箋」というフレーズ。
今、かわいらしい付箋もいっぱいあるけど、
やっぱり付箋っていえば、
黄色とかピンクとか水色の小さい短冊型のやつ。
言われてみれば、「春色」だよね。
付箋そのものがぱっと浮かんできて、
しかも、その忘れたくない思い出も春色なのかなって
思われる。
やさしい思い出なのかなって思って、
ほんとすてきな表現だなぁ、と思った次第です。
スポンサーサイト

<< 067:府(しま・しましま) | ホーム | 066:缶(しま・しましま) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。