プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(背)

うたの日
3月4日歌題「背」

指でなぞる背骨の一番たかいとこまだ覚えてる 春の月しろく(しま・しましま)

いろんなタイプの短歌にチャレンジしようと思ってます。
いろいろ試すうちに、一番自分の好きな形ができるかもしれないし、
というわけで、今回は
性愛をあつかった感じで。
結果はいまひとつでしたが。

この日のお題は「詩」「素」「背」。
「詩」でも、普段あまり作らない感じの歌をつくってて
それが
吾(あ)の投づ小石みなもへゐたるとき湧きにし詩片岸へ届かず
文語調なんですが、
うたの日に出すときにルビふるのめんどくさいなと思ったのと、
「投づ」「湧きにし」は
「投ぜし」「湧きにし」と両方そろえたほうが良いのか
わからなくなったので
出せませんでした。
文語って難しいわ。
ちなみに
俳句だと、あんまり動詞がたくさん登場しないので
こういう問題に頭を悩ませたことがありませんでした。

「背」の歌で一番いいなと思ったのが
ヒヨワくんさんの
背伸びして触れたハートのモビールが意外なくらい寂しく揺れる
でした。
「背伸びして触れたハートのモビール」
という、
かわいい×かわいい
って感じの上の句に対して、
「意外なくらい寂しく」揺れたっていう下の句。
特に「意外なくらい」っていう寂しい揺れ方の把握が
すきです。
ちょっと浮かれた華やいだ気持が
一瞬エアポケットに入ったみたいな空白になっちゃうような
虚をつかれたというか、そういう一瞬の寂しさみたいなところが
好きですね。
その一瞬の戸惑いの後も、
ハートのモビールはしばらく地味にゆらゆらしてるんだろうなとか
いろいろ想像したりして。

スポンサーサイト

<< 071:粉(しま・しましま) | ホーム | 061から070まで >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム