プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(合)

うたの日
3月5日歌題「合」

待ち合わせ場所はいつでも公平に ひとしく星にちかいところを(しま・しましま)

この日のお題は「合」「ゴール」「号」。
最初、「号」で考え始めたんですが、
号…三月号…創刊号…
創刊号は特別価格…週刊○○…
という連想で
隔週刊徳用マッチコレクション創刊号は桃印から
というのを思いついたら、
もうそこから離れられなくなってしまいました。

この日、わたしが一番好きだったのは、
「ゴール」の、
多香子さんの
さよならと白いこぶしの花が散る取り残されたゴールポストに
でした。
うちの実家
というか、両親の家にもこぶしが植えてあるんですが、
白いこぶしの花そのものの感じ、
その花の散るときの感じが、
どちらもとても印象的なんですよね。
ちょっと肉感のある、真っ白な花びらで、
けっこう長く咲いていると思うんですが、
ある日、耐え切れない感じで
はらっはらっと花びらが落ちていくんです。
それで、地面に落ちると、すぐにその花びらが痛んでしまう。
そういう花の感じから、
この歌は、
廃校が決まった小学校の校庭を詠んだものかなと
思いました。
普通の土の校庭の端っこに、
ゴールポストがぽつんとあって、
その周りに、少し草が萌え始めてるような、
そんな光景が浮かびました。
しみじみとした余韻が残るすてきな歌でした。
スポンサーサイト

<< 072:諸(しま・しましま) | ホーム | 071:粉(しま・しましま) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム