プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたの日(読書)

うたの日
3月30日歌題「読書」

こんなにも暗んだ部屋で読み終えた本の表紙のぬくい手触り(しま・しましま)

この日のお題は
「都々逸」「読書」「大喜利」。
「うたの日」の一周年に向けて、各関係クラスタへの感謝という意味のお題だったみたい。
とりあえず、このお題でわたしが手が出せそうなのは「読書」しかない、
ということで選んだお題でした。
いや、ホント。
都々逸って、
特に全然わかんなくて、
かろうじて「ちびまる子ちゃん」に出てきた
かわいそうだよズボンのおなら右と左に泣き別れ
を思い出せる程度だし。
大喜利もまるっきりぴんとこない。
でも、
他の方の出された歌を読んでて、
なんとなーく、そういう感じなのかなってのが
分かったような…。(←単純)

まあ、そんな感じの理解なので、
「読書」以外のお題については選も出来ずに
ただ見ていただけでした。
「読書」のお題で好きだったのは
太田青磁さんの
声もなく二人それぞれ本を手にページ繰る音ときに重なる
でした。

スポンサーサイト

<< うたの日(祭) | ホーム | 091:略(しま・しましま) >>


コメント

ありがとうございます!

こんにちは、太田青磁です。
歌を取り上げてくださってありがとうございます。読書メーターという本を主体としたSNSのコミュニティで短歌をはじめました。うたの日の一周年に読書という題をいただいて、すごくコミュニティも盛り上がりました。
あたたかな評もありがとうございました。読書自体は静かな時間なのですが、ふたりきりの同じ空間でそれぞれの本を読んでいる相手の温度のようなものを歌にしました。想いを汲み取ってくださってうれしいです。
これからもどうぞよろしくお願いします。


こんにちは。コメントありがとうございました。
あの日は、ホントにそれぞれのお題で、熱かったですねー。
太田さんの歌も、とてもすてきでした。
読書って一人でするものだと思ってたので、はっとさせられるものがありました。
わたしも、
活字中毒というほどではないですが、本が好きなので、
楽しかったです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。