プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたの日(祭)

うたの日
3月31日歌題「祭」

風船のぶつかりながら飛んでってもうおまつりのはじまっている(しま・しましま)

この日のお題は
「祝」「サモア」「祭」。

ところで、
わたしの短歌なんですが、
なんとなく、なんとなくなんですけど
俳句の作り方とおんなじ作り方してるなって
最近わかってしまいました。
「物」を提示しながら、なんとなくの「雰囲気」とか「感じ」を描こう
って無意識にしてるような気がする。
せっかく、
「短歌」っていう「俳句」とは違う形のものを詠むのに、
同じでいいんだろうか。
もっと、「思い」に踏み込んだ歌を詠んだらいい
って思うんだけど、
どうなんでしょうね。

この日、わたしが好きだなぁって思った歌は、
木原ねこさんの
本当は期待している照明が消えてケーキが現れること
中村成志さんの
浮き球に〈Samoa〉の文字の掠れ泛く颶風ののちの南湖海岸
ヒヨワくんさんの
ままごとの距離に並んで場所取りのふたりと僕と 桜まつりに
でした。
スポンサーサイト

<< 092:徴(しま・しましま) | ホーム | うたの日(読書) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。