プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたの日(ソックス)

うたの日
4月6日歌題「ソックス」

許し合う未来もあった くつしたは干されるときもいつもいっしょ(ソックス)

この日のお題は「学校」「ソックス」。
ちなみに、
どっちを出すか迷った歌があって
鏡越しに見える世界は少し怖い 知らない柄のくつしたが見え
というヤツなんですが、「怖い」ってストレート過ぎるかなと思ってやめました。
出した方の歌について
結句の6音を指摘されたんですが、
たしかにわたしも6音は気になってました。
でも、「いっしょに」「いっしょで」とか考えてみたんですが、
なんか違うなあと……。
で、そのまま出したんですが、
一晩置いて気が付きました。
わたし「ときもいつもいっしょ」という単純な韻が気に入ってたんですね。
それを壊したくなかったと。
その辺りも幼稚な雰囲気にしてしまったゆえんかなぁ。
一度そのリズムを壊して考えた方がいいのかも
許し合う未来もあった くつしたは干されるときも向かい合わせで
とか、なんとか。

この日好きだった歌は
月花さんの
上履きで走った廊下をスリッパで卒・業・生と音させ歩く
月丘ナイルさんの
左右違う長くつ下をはくように私は私と笑えるように
でした。

スポンサーサイト

<< うたの日(芯) | ホーム | うたの日(信号) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。