プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(夕暮れ)

うたの日
4月9日歌題「夕暮れ」

夕暮れにながあく伸びたぼくの影いつかちぎれてしまうんだろう(しま・しましま)

この日のお題は「夕暮れ」「九州」。

この日すきだった歌は
真夜中さんの
今日おもに眠ってました夕暮れの窓を開ければカレーの香り
John・ようちょうさんの
島原へ帰ろう僕が満開の花の記憶を無くさぬうちに
でした。
真夜中さんの歌は、
上の句が面白いなぁ。「今日おもに眠ってました」
そして、「カレーの香り」
ひとんちのご飯の匂いって、なんとなく切なくなりますよね。
ちなみに
(誰も聞いてないけど)
わたしがきゅんとするひとんちのご飯の匂いは
豚肉を焼いてる(らしい)匂いです。
小学生の頃の、しかも土曜日にタイムスリップしたような気持になります。
John・ようちょうさんの歌も、
というか、歌は、って言ったほうがいいのかな。
The郷愁という感じの歌ですね。
日本全国、どこだって満開の桜はあるんだろうけど、
やっぱり記憶の中に特別の「満開の花」がある。
それは「満開の花」そのものだけの記憶じゃなくて、
そこにまつわるいろいろな出来事や思いが籠もってるからなんですよね。
いい歌だなぁ。


ところで
最近、題詠blog2015の方が進んでません。
「腹」でつまづいてます。
意外に難しい……
そして、この題詠blogをスタートした時みたいに、
難しい題のときは適当でもいいかなって
思えなくなって、
でもちゃんとした歌にしたい
って思い始めてるからでもあったりします。
あと数題なので
名残惜しんでるって節もありますが。

スポンサーサイト

<< うたの日(闘) | ホーム | うたの日(映画) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム