プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(しっぽ)

うたの日
4月15日歌題「しっぽ」

いつの日か野生へ還る日のためのしっぽを高くたかく上げたり(しま・しましま)

この日のお題は「天気予報」「しっぽ」。
なんのしっぽか書いてないけど、
最初のイメージは動物園のトラでした。
トラって、割としっぽをだらっと下げたところばかり見るような気がしますが、
ぴっとしっぽのあがってることもあるんですよね。
しっぽの先がね。
まあ、ねこみたいに根元からびよーんとまっすぐあげることが出来るのかは
わかりませんが。
もともと、これを俳句で表現したくて、メモだけしてたんだけど、
まとめきれずに放置してあったものだったりして。
そこから、トラを一旦自分に置き換えて、
それで最後を「たり」にしてみました。
今日になって、自分の歌を見て、
ねこのしっぽとして見ても面白かったかなぁと思ったりしました。

この日好きだなって思った歌は
「天気予報」だと
須磨蛍さんの
もう見ない天気サイトに残された四時間離れたキミの住む街
葵の助さんの
次々と子供ら巣立ち3か所の天気予報をつい見てしまう
どっちにハート(特選)つけてもいいなって思う二首でした。
もう見ない天気予報のサイトと、
三箇所もチェックするようになった天気予報。
こうして並べてみると、どっちも今はいない人のための天気予報なんだって
思って、おーとか思ったり。
「しっぽ」のお題では
きつねさんの
わたしたちにしっぽがなくてよかったと思う飲み会ビールを注ぎつつ
「しっぽ」から「飲み会」「ビール」っていう意外性のある展開がいいなー。

スポンサーサイト

<< うたの日(…) | ホーム | うたの日(傷)うたの人(神) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム