プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたの日(爪)


うたの日
4月23日歌題「爪」

伸びた爪がてのひら傷つけないようにずっと親指握りこんでた(しま・しましま)

この日のお題は「爪」「船」。
正直、グーの時の親指、長い間握りこみ型でした。

この日好きだなって思った歌は、
404notF0816さんの
パンプスの形に丸まる爪先をさすってひらく夜の玄関
生活の息遣い、みたいなものを感じます。
わたしはこの歌の
「爪先をさすって」「ひらく」「夜の玄関」
の「ひらく」を
「夜の玄関」に掛かると読んだんですが、
外での仕事の時間が終って、
家の中でのリラックスタイムが、同時に開かれていくように感じました。
希和子さんの
おじいちゃんと遊んだ船は今もある 田舎の家のお風呂場の隅
も、ホント好き。
お年寄りの住む家って、
えっと驚くような古くて、現在だれも使わないだろうと思われるものが
そのまま置いてあったりしますよね。
思い出の品として、とってあるという風情でもなく、
これを誰かが使ったのが、ついこの間
みたいな顔で置いてある。
だけど、ほこり被ってたり、色褪せてたりしてて
それがこの間じゃないことを物語っている感じなんだけど。
この「船」もそんな感じかなぁと思いました。
スポンサーサイト

<< うたの日おまけ | ホーム | 094:腹(しま・しましま) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。