プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(昭和)

うたの日
4月29日歌題「昭和」

また母が昭和へ帰っているようなかすかなかすかな鼻歌をきく(しま・しましま)

この日のお題は「昭和」「平成」。
「昭和」、わたしの中の昭和ってなんだろうなー。
うーん、光GENJIって昭和だったっけ…
とかの流れでできた歌でした。
ちなみに、母の鼻歌ナンバーワンはアカシアの雨がなんとかいうやつ。

この日わたしが好きだなって思ったのは、
村田馨さんの
永遠に昭和がつづくと信じていた日をなつかしむ 戻れない日々
歌の中に、子供の頃だとはっきり示すものはないけど、
子供の頃ということですよね。
今あるものをすべて疑わずにいて、それが終るとか考えてなかった、
そんな子供時代があって、なつかしいけれど戻れない、
うーん、しみじみいいなって思いました。
ヒヨワくんさんの
ひとひらの恋が臆病風に散る。平成二十七年、四月。
も、好きな歌でした。
「平成二十七年、四月。」って
散りたてじゃないですか。
「臆病風」ってことは、告白できずに散ったのかな。
下の句は、年、月だけなんだけど、句読点付きになってて、
この痛みを噛み締めるみたいで、
そして、自分の中でひとくぎりをつける、みたいな感じがして
いいなーって思いました。

ところで、うたの日では、
現在ビッグイベントが行われてます。
その名も「短歌一武道会
128名がエントリーして、第一回は64のリングで1vs1の闘いをして
第二回はその半分、32のリングで闘う
という、トーナメント形式のイベントです。
リング毎に違うお題が出てて、
わたしは第一回が「結」でした。
ちなみに、運よく第二回に進めることになって、
今、第二回のお題「新品」に悩まされているところ。

スポンサーサイト

<< うたの日(鎖) | ホーム | うたの日(砂漠) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム