プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(恐)


うたの日
5月1日歌題「恐」

ともだちが戻ってこない夕焼けの中でひとりの花いちもんめ(しま・しましま)

この日のお題は「恋」「恐」。
「恐」を詠み込む方じゃなくて「こわい歌」が詠みたいなって
思ってつくりました。
わたし自身は、
どんどん手をつないでたともだちが「あの子が欲しい」と
相手側に貰われていって、
とうとうひとりになってしまった、
というか、貰われる側になれなかった
という景を詠んだつもりだったんだけど、
短歌をしない人に見せたら、
え!ひとりで花いちもんめとかこわっ!
って言われたんで、
どうも意味がぶれる歌だったみたい。
まあ、それでもそっちの取り方でも「こわい歌」なんで
結果的にはセーフなんですが。

この日すきだったのは
「恋」では葛葉桂さんの
恋人が途切れたことのない彼はきっと猫しか愛せないのだ
しょっちゅう恋人が変わるけど、フリーの期間がほとんどない
そういう人っていますよね。
振っても振られても、少しは前の恋を引きずるもんだろうに、この人は……
という呆れた気持を持ちつつ、
その彼が「猫」を愛してることを知っている。
というちょっとしたねじれがいいなと思いました。

「恐」の歌は、好きな歌が多すぎて、
ハートを一つだけというのがつらかったですが、
中でも、
蒼井灯さんの
ひんやりとステゴザウルス一人また一人と来なくなる公園で
と、音符になってしまいましたが
中村成志さんの
とりあえず柿の若葉の輝きに恐怖する日もあるということ
がいいなって思いました。
「ステゴザウルス」の公園の歌、
公園に残された遊具かオブジェの恐竜が切ないですね。
パフ・マジックドラゴンの歌とかも思い出しましたが
そういう、子供たちが大人になっちゃって遊びに来てくれなくなった
というだけの理由で「ひんやり」してる訳ではないみたい。
ステゴザウルスっていうチョイスもいいなぁ。
公園に置かれる恐竜としてはステゴって確かにベストかもとか
思います。
「柿の若葉」の歌も、すごく好きで、
ホント共感します。
わたし田舎住みなんで、近くに柿の木がいっぱいあるんですが、
これがまたホントにピッカピカ、きらっきらに日を弾くんですよ。
時々は、それがしんどいような気持がしてます。

スポンサーサイト

<< うたの日(器) | ホーム | うたの日(鎖) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム