プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたの日(器)


うたの日
5月2日歌題「器」

いれものが足りない君のてのひらも使ってはこぶ夏のはじまり(しま・しましま)

この日のお題は「器」「時代」。
この「器」って、多分わたしがリクエストした題だと思うんですよね。
そう思うと、思い入れもひとしおでした。
器、おまえだったのか
的な。

この日のお題で好きだったのは、
万里葉さんの
新調のカーテン白くふくらんで見えないものの存在を知る
これは「器」の歌。
カーテンが「うつわ」になるって、すごい!
ってまず思いました。
そうか、風の器としてカーテンっていいなぁ。
そしてとにかく爽やかで繊細で、
なんてすてきなんだろう。
さよこさんの
優しい子と言われつづけたその先で勝手に消してくトイレの電気
は「時代」の歌。
たまたまなんですが、どちらも題を詠み込まないタイプの歌でしたね。
この歌ですが、
わたしは、この「優しい子と言われつづけた」人が
主体だと思わずに読んだんです。
「勝手に消してく」という言葉から、
消された方が主体なのかなって。
そんで、
「優しい」が人に優しい場合も自然に優しい場合もあって、
それが「時代性」を表わしてるのかな、と。
スポンサーサイト

<< 短歌一武道会こまとめ | ホーム | うたの日(恐) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。