プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(×)


うたの日

5月28日歌題「×(バツ)」

いつかそれがわたしを形づくるでしょう小さな×(キス)を集めています(しま・しましま)

この日のお題は「野」「×」。
手紙に添えるキスの代わりの小さな×って
いいなぁって思って、
一時期友達と使いあってたことを思い出して詠みました。

この日わたしが好きだとおもった歌
沼尻つた子さんの
だとしてもやりなおすんだ真夜中の鍋焼うどんの椎茸の×
「だとしてもやりなおすんだ」という初句から二句にかけてが
力強くていいなって思いました。
多分、これは誰かに言った言葉ではなくて、
自分自身への言葉なんでしょうね。
深夜ひとりで鍋焼きうどんを前にして
自分を叱咤激励してる、と読みました。
「椎茸の×」があざやかでいいなぁ。

音符をつけたのは以下の歌。
はだしさんの
手で×をつくってこっちへやってきた犬が知らせるヒト科の終わり
おおぅめっちゃ怖い……
そんな人類の終りの知らせ方にびっくりしつつ
実はハートを迷った歌でした。
桔梗さんの
わたしより似合ひ過ぎてるエプロンの背中をいまは笑つてあげる
背中のばってんを出さずに表現してるところがいいなぁ。
「いまは」というところにある屈託にも惹かれました。
きつねさんの
×印クリックをして消していく きみもあいつも、できればぼくも
開いたファイルやウェブページや、じゃまな広告。
クリック一つでどんどん消してって、
ついでにリアルや悩みも消してしまいたい。
そういう感じなのかな。結句がいいなと思いました。
西村湯呑さんの
雪原に大きく×を またここで会おうと笑うおまえらが好き
きのおけない友人って感じで楽しい歌だなって思います。
あさんの
バツをつけ会えない日々を数えてる会えないことで保たれる恋
そういう「恋」あるんだろうなって思います。
下の句がいいなぁ。
スポンサーサイト

<< うたの日(ひらがな) | ホーム | うたの日(模様) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム