プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたの日(指)

うたの日

5月30日歌題「指」

知らぬ間につくった指の傷がもう薄ばら色にひろがる夜明け(しま・しましま)

この日のお題は「指」「感」。
知らないうちにできた傷が、
知らないうちに直りつつあるのを発見すると
自分の体ながらも、なんか元気がもらえるような
そんな気がします。

さて、この日わたしがすきだったのは
小向大也さんの
その指輪どうしたのって聞かれたく聞かれたくってつくねをはずす
でした。
昨夜のうたの日には
すごく好きです。
大切な人からもらった指輪でしょうか。「聞かれたく聞かれたくって」の気持の強さに、その指輪の意味がこめられているように思いました。普段は串のまま食べるつくねを、お皿の上ではずすという動作で、指輪アピールというのもいいなぁ。
相手から言わせるという行為が、幸せの絶頂のようでいて、ちょっとだけダークなところも好きです。
と書きました。
今日改めてこの歌を読んで、
うーん、やっぱりどっかダークだなぁと
しみじみ。
誘導までして相手に言わせるってところだけじゃなくて、
多分この歌の持つリズムがそう感じさせるのかも
と思いました。
「どうしたのって」「聞かれたくって」
という促音が、弾む感じというよりも、
「どうしたの」「聞かれたく」を強調するように感じて、
あー、ほんとに聞かれたいんだ、仕方ないなぁ教えてあげるっていいたいんだって
そんな気がします。
あと、これはわたしの読み方なんだろうけども
「どうしたの」の「の」、つくねの「ね」に
どうしても強い強いアクセントを置いてしまって、
そこにねっとりした部分を感じてしまうんですよね。
それが、
より「見せびらかしたい指輪」を強調しているようでした。
「感」の歌では
佐藤博之さんの
燒き目濃き莢より出づるそらまめの充足感の立ちのぼる色
が好きでした。
正字の入った初句「燒き目濃き」が
ちょっと目立ちすぎて
「莢から出づるそらまめ」をちょっとだけ薄めてるかなぁ
と、思わなくも無いけど、
「そらまめの充足感」というところが
もうとにかく好きでした。
他の野菜ではこの感じ出ないんじゃないかなぁ。
立ちのぼるのが「匂い」じゃなくて「色」というずらし方もいいなぁ。





スポンサーサイト

<< うたの日(ビール) | ホーム | うたの日(ひらがな) >>


コメント

こんにちは

初めてコメント書きます。
しまさんのこちらのブログ、いつも拝見しております。
自分の歌、紹介してくださって嬉しいです。
丁寧な解釈も添えていただいて、歌も喜んでおります^o^
女性目線で詠んでみた歌なのですが、伝わったみたいでほっとしました(^^;;

しまさんの「の」と「ね」と促音についての解釈、凄いです。
自分でも気づいていなかった事ですが、確かに少し執着と素直さが混じった感情かもしれません。
この歌は自分も好きなんですが、こういうちょっとした景色を上手く切り取れるように頑張りたいです(^^)

コメントありがとうございます。
小向さんのコメントを読んで、
そういえば、別にそういう表現がされてるわけじゃないのに
疑いなく主体を女性として読んでることに気づきました。
どことなく、でも確実に女性って気がしますね。不思議。
「の」「ね」のアクセントについては、
これは読み方しだいなところもあるので
踏み込みすぎたかなぁと思いましたが、
そういっていただいてほっとしました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。