プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(早)

うたの日

6月8日歌題「早」

ヘアピンのかたちの錆にふれてみる 早くも君を忘れかけてる(しま・しましま)

この日のお題は「早」「純」。

この日好きだったのは
杏野カヨさんの
ねむれない夜のぼくらを救済し羊は早朝歩いて帰る
でした。
かわいい!!
「羊がいっぴき、羊が二匹……」ってやつですね。
明け方になってやっとなんとか眠りにつくことができた「ぼくら」と
それを見届けて帰っていく羊たち。
「歩いて帰る」という結句が
あまりの可愛さに胸がぎゅっとなります。
ちなみに、
あの「羊がいっぴき……」って
羊(シープ)が眠れ(スリープ)の音と似てるから、
「シープ、シープ、シープ」が
「眠れ、眠れ、眠れ」って自己催眠的な効果を生むんだとか。
樫本らむさんの
早朝のバスの座席にしみこんだ誰かの夢を引き継いでねむる
中村成志さんの
そんなんじゃだめだあなたが思うより早く歩けるクロコダイルは
も、好きな歌でした。
樫本さんの歌の、「座席にしみこんだ誰かの夢を引き継いで」という発想、
すてきだなって思います。
ホントに同じ夢の続きが見られる座席があったら怖い気もしますが。
居眠り中って、短い時間にけっこう濃い夢見たりするなぁって
なんとなく思ったりしました。
中村さんの歌は、
そういうセリフを何時どういうタイミングで言うんだ
っていうところが面白かったです。
スポンサーサイト

<< うたの日(ビートルズ) | ホーム | うたの日(限界) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム