プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(薄)

うたの日

6月16日歌題「薄」

やり直しきかないことの多すぎて薄い毛布じゃ遮り切れない(しま・しましま)

この日のお題は「薄」「紫」
えと、昨日このブログをアップしたとき、
いつものパターンじゃなくて、
うたの人に関する
というか、うたの人に参加して、そこで頂いた評の中の
「既視感」ということについて書いたんですが、
しばらくして記事を書き直してしまいました。
だいぶ抑えたつもりだったけど、
ちょっと自分の感情が抑えきれてなくて、
変な感じになってしまったことと、
ちょっと嫌な書き方だったと反省してます。
まあ、そんな気持も有りの、
今回の「薄」の歌だったりもします。

この日好きだったのは、
太田宣子さんの
わたくしを薄めたやうな子の泣いていつまで世界は意のままだらう
もう、
ものすごく好きです。
なんて怖い歌なんだろう。
ぱっと見、これは絶対女性の歌だと思いました。
「わたくしを薄めたやうな子」、自分の娘か、あるいは年の離れた妹かなと思いました。
血のつながった同性の幼い子供、そんな存在。
多分自分の娘さんを詠んだんだろうなぁと思います。
竹下しづの女の俳句に
「短夜や乳ぜり泣く子を須可捨焉乎(すてつちまおか)」
というのがあって、俳句を始めた頃に詠んで衝撃を受けましたが、
この歌の子が泣いているのは、
赤ん坊がおなかをすかせて泣いているんじゃなくて、
もう少し大きくなった幼児が泣いているんじゃないかなと思います。
「わたくしを薄めたやうな」という言葉は、自分の血を分けた子というよりも
どことなく言動に「わたくし」の面影が見られる、という意味かなぁと。
で、そういう子が泣いているのを
「泣いて」で片付けてしまう非情さにまずしびれました。
自分の子供が泣いているのを端的に「泣いて」とだけ叙するって
なかなか出来ないことだなあって思います。
その理由だとか、泣かれた自分の気持とか、そういうものを一切出さずに
「泣いて」だけですからねー。
竹下しづの女の句では、泣く子への心情がはっきりと書かれてますが。
ただ、下の句から、
しづの女ほどの激しさは無いけども、イライラした感じが受け取れます。
「いつまで世界は意のままだらう」
何かしてほしいとか、自分の気持をわかってほしいとか
泣くことでそれをかなえてしまえる、叶えられると信じてる、
まだそういう年の子供なんだなと改めて噛み締めてる
と、下の句をそう受け取りました。
同時に、自分はいつからそうではなくなったんだろうと
振り返っているようにも思えて、
味わい深いなぁと思います。

葵の助さんの
母からの説教のあと飲み干した薄いカルピスだけ覚えてる
中村成志さんの
もう腋が濡れているなあまどろみの薄さが連れてくる羽虫ども
も、いいなと思いました。
葵の助さんの歌、映像がぱーっと浮かんでくるようでした。
わたしが昭和育ちなので、昭和の映像で申し訳ありませんが。
長いお説教だったんでしょうね。
カルピスももともとはそんなに薄くなくて、
お説教を聞いてる間に氷が溶けて薄くなったのかなぁ。
コップが汗かいて、お説教を聞いてた子も汗をかいて、
なんだかびちゃびちゃで両手でカルピスを持って飲んでるような
そんな感じがしました。
不思議に一点だけ鮮やかに記憶していることってありますよね。
それが「薄いカルピス」だったんでしょうね。
中村さんの歌は、
眠っても覚醒してもいないぼやっとした意識の中に感じる
ちょっとヤな感じが面白いと思いました。
何かの仕事中なのかな。
「まどろみの薄さが連れてくる羽虫ども」
うっすらと嫌な感じですよね。
ハエみたいに派手にブンブンいうやつじゃなくて、
小さく視線の端を行ったりきたりする虫と思いました。
「まどろみの薄さ」がそれを連れて来ているんだっていう把握のしかたが好きです。
それが
「もう腋が濡れているなあ」
という唐突な感懐から始まる面白さ、
うっすら嫌な感じとうっすら嫌な感じが合わさって、
なんとなく日常から半歩ぐらい下がったところが描かれてるように思いました。
スポンサーサイト

<< うたの日(ロボット) | ホーム | うたの日(背骨) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム