プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(キャベツ)

うたの日

6月29日歌題「キャベツ」

単純な人でいいねと笑われたいキャベツの中の迷路をひらく(しま・しましま)

この日のお題は「キャベツ」「わがまま」。
キャベツの質感が出るような歌を目指しました。
出てるかなぁ。

この日好きだった歌は
えんどうけいこさんの
丸ごとのキャベツを買って使い切る程度にちゃんと生きようとする
でした。
そうなんだ、みんなそうなんだなぁって共感しきりでした。
「ちゃんと生きる」って
なんとなく分かるけど、実際のところはよく分からない。
それを
「丸ごとのキャベツを買って使い切る」という具体的な方法を提示してくれて、
それが、
あー、それは確かにちゃんと生きてる感じかも
と思わせてくれる感じでした。
「使い切る」で区切れがあるのかと思いきや、
「程度に」と続いて、そこから転調するところも
リズムがステキだなぁ。

山下郁さんの
ぼくにただ生きる意味を教えてるうさぎのために盗んだキャベツ
亜梨さんの
あおむしのころにキャベツを探検し描いた地図を確かめにいく
真夜中さんの
キャベツくんブタヤマさんに笑った日、プールの水面キラキラしてた
エレンさんの
きゃべつから産まれた赤ん坊、体中しわしわで、毛虫ついてる
も、すきな歌でした。
山下さんの歌、
フィクションの歌だと思うんだけど、(当り前か)
「盗んだキャベツ」という体言止めの結句に
なんともいえない切迫感があって、
少なくとも人生のどこかで、
「ただ生きる意味を教えてる」存在がいたことがあって、
それが今でも存在感を放っているんじゃないだろうかって思うぐらいでした。
亜梨さんの歌は、すごく可愛い歌でした。
あおむしが食べたキャベツを地図に見立てる、
しかも、探検して描いたと見るところも、
それを確かめにいくところも好きでした。
キャベツの葉っぱを食べて成長するあおむしは
わたしの知ってる限りではモンシロチョウとかモンキチョウですが、
確かに成体になった後もキャベツ畑でひらひらしてますね。
それを、かつて描いた地図を確かめているって把握の仕方が
可愛くてステキでした。
実はわたしは、
モンシロチョウの幼虫のあおむしが大好き。
もちろん、料理に使おうとしたキャベツにこれが付いてたら
ぎゃー!ですが。
あのふくふくとした手触りやなめらかな存在感、
かわいらしい明るいみどり色。
この歌に登場するのは多分成虫ですが、
あおむしのあの感じが思い出されて、
ふふってなりました。
真夜中さんの歌は、まず「キャベツ」のお題で
長新太の絵本が登場するところに惹かれました。
教室とか図書室でこの絵本を読んだのかな。
窓の外からプールが見えて、
その水面が夏の日差しにキラキラ輝いていた。
すべてが自分の気持と連動したかのような、
幼い頃へのノスタルジーが、
まさか「キャベツくんブタヤマさん」で表現されるとはー
って楽しい歌でした。
エレンさんの歌は、異色作ですよね。
なんだろう。不思議な魅力がありました。
キャベツと赤ん坊、
コウノトリが赤ちゃんを連れてくると同じぐらいメジャーなコンビですよね。
それが、
「体中しわしわで」と本物の新生児のような描写が続いて
「毛虫ついてる」!
実は「体中しわしわ」な赤ちゃんが青虫かと思ったんですよ。
でも「毛虫ついてる」んだから、
多分、たぶん、
キャベツから生れた、体中しわしわの赤ちゃん
そのものなんだろうなぁ、うーん。
しかし、「毛虫」はひどい。
せめて「あおむし」にしてほしかったーw
とか思いながら、妙に気になる歌でした。
スポンサーサイト

<< うたの日(晴) | ホーム | うたの日(台) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム