プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたの日(ストロー)


うたの日

8月10日歌題「ストロー」

八月は祈りのかたちさまざまに曲るストロー丁寧に折る(しま・しましま)

この日のお題は「クリア」「アイス」「ストロー」
そうですね、前日のうたの日に影響されているというか、
前日のみなさんの歌から出来たものです。

この日いいなと思ったのは
木原ねこさんの
もしかして試しているのストローの蛇腹を伸ばすほどの決意を
ひとつの決意、試されているんだろうかと思うような決意を
「ストローの蛇腹を伸ばすほどの」と表現されていて、
なんだろうって思いました。
自嘲的なものなのかなとも思ったんだけど、
それよりも、試されているかもと気付いたときの苛立ちと、
こんな些細な決意なのに試す?という乾いた笑いみたいなものなのかも
と思ったり。
どうなんでしょうね。
「ストロー」という軽いものの裏に、
何か重たい気持が隠されているようで惹かれた歌でした。
千花(ちはな)さんの
内臓の輪郭キリリなぞってく冷たい水で目覚める命
こちらは「クリア」のお題でハートを入れた歌。
朝、冷たい水を飲んでからだの中からクリアに目覚める
みたいな感じと思うんですが、
目覚めるのが「命」っていうところ、いいなって思いました。
日々新たに生まれ変わる命って感じで「クリア」感あるなぁ。
それと、
「内臓の輪郭キリリ」がいいなあ。
この感じ、どう表現すればいいんだろうって思って
うたの日に
質感のあるリアルさ
って書いたけど、黒井真砂さんの評の
身体感覚を伴って
という言葉を見て、おおぅそれだ!って思いました。
それが言いたかったんですー。

その他、いいなと思った歌。
ルイド リツコさん
さようならを言うには少し早すぎる さとすみたいに詰まるタピオカ
「ストロー」の題で「タピオカ」の歌が二つあって、歌意も割と似通ってたんですが、
こちらに♪をつけさせていただきました。
タピオカ入りのドリンクのストローって太いやつだと思うんですが、
それにすら詰まってしまうタピオカ。
「さとすみたいに」っていうのがいいな。
タピオカに諭されてるって感じる感性が好きです。
ほのかな切なさとユーモアがあってステキだなって思いました。
きいさんの
紙パックジュースにストローこぼさずに刺せるほどには大人になった
うたの日に、自嘲がすぎるかなっていうことを書いたんだけど、
ふっと自分を振り返ってこの程度には大人になったんだなって思うことって
たしかにありますよね。
自分自身のことっていつ大人になったのか、いつ考え方感じ方が変化したのかとか
わかりにくいんですが、
それでも、ふっと実感として大人になったなって思うことあります。
ちなみに、紙パックにストローを差すときは、対角線の角を支えるとこぼれにくいです。
面を押さえるとぴゅって出ますからね。
ちっちゃい子供に持たせるときもそれを注意すれば車の中でもこぼれません。
めぐみさんの
耐えかねる重い沈黙の数だけ弄ばれる軽いストロー
ぱっと情景が浮かんでくる、あるある……っていうところを詠んだ歌だと思いました。
その情景の中のストローにだけスポットがあててあるのが印象的。
「重い沈黙の数だけ」二句三句目の句またがりが、もったり重く感じて、
余計に沈黙の重さを感じさせるみたいって思いました。
小宮子々さんの
今日という日をクリアしてささやかなささやかなこのハーゲンダッツ
ハーゲンダッツって日常の中のハレ、みたいな、
それこそ「ささやかなささやかな」特別感があるような気がします。
「今日という日」が特別な一日だったのか、日々積み重ねる毎日の中の一日だったのか
それは分からないけど、ゆっくり時間をかけてハーゲンダッツを食べて締める一日の終りに
満ち足りたものを感じてすきな歌です。
門脇篤史さんの
全クリを目前にしたルイージがクッパの前でバグって止まる
ファミコン時代、うーんスーファミもそうだったかな、
昔のゲームってちょいちょいこんなことがあったような気がします。
猫がリセットボタン踏んだり、誰かがコードに躓いてコンセント抜けたり
昔のゲームは割と突発的な危機が隣り合わせで気が抜けなかった。
まあ、それは置いておいて、
この最後の最後のクッパ戦を目前にしてバグってとまるという痛恨のシーン。
それが「マリオ」じゃなくて「ルイージ」ってところが面白いなって思いました。
「ルイージ」ってそういうトホホが気の毒なぐらい似合うキャラクターな気がします。
「マリオ」でやっとけば行けたかも……とかふと頭をよぎりそうで
何ともいえない面白さのある歌だなって思いました。
スポンサーサイト

<< うたの日(集中) | ホーム | うたの日(雨の日に見つけたもの・黙) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。