プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(名前)


うたの日

8月25日歌題「名前」

陸を穿ち流るる水を河と呼ぶ われを流るる水に名はなし(しま・しましま)

この日のお題は「文語」「香」「名前」
「文語」ってお題面白いなって思って、そっちで考えてたんですが、
よく考えたら「文語で短歌を詠む」と、歌題が「文語」って違うなぁと。
「文語」にまつわる事で詠むんだろうかと思ったら、
私にはちょっと手が届かないお題でした。
じゃ、「名前」の方で作ろうと思ったら、
さっきまでの「文語」が邪魔するんで、仕方なく文語短歌となりました。
ちなみに、
ルビを振るのを忘れてたんですが、「陸」は「くが」と呼んでいただけると、
より固さが出ていいかなぁと思います。

この日いいなと思った歌。
坂口裕太さんの
名をつけることは征服 右側のきみの鎖骨はドーゲンブーテ
いいな、このきっぱりとした断定の仕方。
「征服」がすんなり納得できる気がします。
しかも、その名付けがいきなり細部というのが面白いなぁ。
「ドーゲンブーテ」なにか由来のある名前なのか、
さっき思いついた言葉なのかは分かりませんが、
語感もなんかいいなあ。

藤田美香さんの
君をただ表すだけのPという文字が溢れる日記は5年目
なんとなくですが、
前の坂口さんの歌と通じるところがあるような歌。
「P」と名づけて日記に書き記すことで、
少なくともその日記の中では自分だけの「君」。
それも、もう5年も日記の中に「P」が溢れるって
そんなにその人の事を見てるんだって
微笑ましいような
ちょっとこわいような感じがします。
それにしても、「P」って「君」の頭文字なのかな。
ポール、ピーター、フィリップ
日本人じゃないな、頭文字だとすると。


スポンサーサイト

<< うたの日(シングル) | ホーム | うたの日(怪談) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム