プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(違)


うたの日

9月9日歌題「違」

たまに会えばただうなづいてくれる友のそれぞれ違うパスタを選ぶ(しま・しましま)

この日のお題は「違」「あっ」「痛」
わたしは割と(俳句でも)「字余り」に関してゆるいんですが、
この日投稿したこの歌については、
この字余り感をなんとかしたいと思いながら、それを解消できないまま投稿しちゃった感じ。
初句の「たまに会えば」は、わたし的には完全にセーフだろう、
気持早口で読んでもらえばOK(なのか?)って感じですが、
「ただうなづいてくれる友の」の一字余りはどうにかならなかったのか
って思います。

「友の」の「の」は一度外してみたけど、
必要だなぁって思って、
そこで思考停止しちゃったんですよね。
うーん、むずかしい。
この日は
「あっ」の方は選とコメントを入れて、
「違」は選だけをして
「痛」はノータッチだったという
だんだんパワーがなくなっていったのが如実に分かる日でした。


この日いいなと思ったのは
西村湯呑さんの
まちがえて碧いうなぎを買ってきたひととうなぎと暮らしています
「碧いうさぎ」ならぬ「碧いうなぎ」
というのがまず面白いんだけど、
この歌で一番すきなのは、
「~ひととうなぎと暮らしています」
の部分。
そのまま暮らしてるんだ!
って、軽い感動を覚えました。
「うさぎはさびしいと死んでしまう」
という間違った、でもめっちゃ切実感にあふれた名台詞を残したドラマ
「星の金貨」の主題歌「碧いうさぎ」。
歌の中にも
「淋しすぎて死んでしまうわ」
ってありますね。
淋しがりのふたりと一匹のくらしが想像されたりしました。
楽水童子さんの
「あッ、はい。」つて言ふときの「あッ、」をしきつめて資材倉庫で眠る10月
結句の「10月」がいいなぁって思いました。
今9月だから、近い未来でもあるけど幻としての「10月」と捉えて、
もう、この作業場所である「資材倉庫」で、不貞寝したい気持なんだけど、
もちろんそんなことは出来ないので、そんな10月を思うだけ。
って感じかなと思いました。
レイ・ブラッドベリの短編集に「10月はたそがれの国」ってありますけど、
10月って肌感覚的にも、心象的にも、
「たそがれ」が似合う幻想的なイメージのある月で、
余計に、そんな感じに受け取っちゃったのかも知れません。
(まあ、キリスト教圏の人々にとっては
ハロウィーンの月としての幻想イメージもあるかと思いますが)
「あッ、はい。」って、
繰り返せば繰り返すほど、自分がぺしゃんこになっていきそうな
そんな返事じゃないかなぁって思って、
それを資材倉庫にしきつめられるほど口にしている職場って
つらいなあってしみじみ思いました。

その他いいなと思った歌。
小宮子々さん
とりあえず間違ったまま踏み出した道だ しろつめくさを探そう
まだ、一歩目を地面に降ろすより前に、
「あっ、これは間違った方向だ」
って分かるけど、そのまま足を下ろすしかない
そういう事ってありますよね。
間違ってるんだろうなっていうよりも
明らかに間違っちゃったなぁと思いながら、
最初の一歩を踏み出したんだから、次の一歩もあるいてみよう、
みたいな。
しばらくはこのまま歩いてって、なんかイイことを
積極的にさがしてみたら、
この間違っちゃった道も間違いじゃなくなるかも
という歌かなぁって思いました。
雪間さとこさんの
かぎ針に慣れるころには自販機に「あったか~い」が揃うのだろう
この歌、うたの日にコメントを書いたんですが、
他の方やご本人のコメントを読んでいて、
あー、完全に読み間違ってたなぁって思いました。
かぎ針編みに着手したのは、主体なんですね。
わたしは、かぎ針編みのイメージが、
小学生の女の子とかが一番最初に作る
もっこもこで編み目ぎゅうぎゅうのマフラーとか
そういう感じだったので、
この歌も、そういうマフラーを編み出した小学生女児を思ってました。
完成する頃ではなくて、
「慣れるころ」というのも、初めての編み物っぽくて、
道具に慣れるだけでも少し時間がかかる、
そういう女の子を近くで微笑ましく見ている大人というのが
主体なのかなって思って、
そのあたたかい眼差しがいいなぁって思ってました。
かぎ針編みを始めたのが主体ということは、
毎年このぐらいの時期になると、ニット小物が作りたくなる
みたいな感じなのかな。
雨さんの
テクマクマヤコンの鏡は壊れどれかにしかなれないアッコちゃん
この歌も、
他の方のコメントを読んで、
ああ、そうか、読み間違ったなぁ
って思った歌でした。
こちらは、うーん、確かに、
言われてみればそうだわ
っていう感じで、
かなり読みが浅かったといえるかなぁ。
魔法のコンパクトが壊れて、
誰にも変身できなくなって、
自分自身の成長をするしかなくなった
ってことか。
そういわれればそうだよなぁ、うん。
スポンサーサイト

<< うたの日(Wikipedia) | ホーム | うたの日(そう) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム