プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(ハンカチ)


うたの日

9月16日歌題「ハンカチ」

ポケットからみんなハンカチ出して振れ 南へ帰る夏鳥、その他へ(しま・しましま)

この日のお題は「レモン」「雷」「ハンカチ」
あんまり関係ないけども、
現在、THE POP GROUPの今年でたアルバムを聞きながら書いています。

この日いいなと思った歌。
松木秀さんの
「レモン汁」書かれた中身かけて食うほっともっとのからあげ弁当
おおっ今日一で好きな歌!
って思った歌でした。
わたしが利用するのは「ほっかほっか亭」で、
ここのからあげ弁当には「レモン汁」じゃなくて
「ゆずしょうゆ」が付いてるんですが、
「レモン汁」ももちろん分かります。
この鍵カッコの「レモン汁」が
四角い小袋のレモン汁の姿そのものみたいで、まずおおぅって思いました。
「レモン汁」を次の二句目と助詞で結んでないところも
いかにもからあげに添えられた小袋感がありました。
で、レモン汁だか何だか分からないけど、
そう書かれた小袋の中身をかけて食べる、
という、
それだけでいて、
微妙なハードボイルド感とか皮肉っぽい感じとかが出てて、
ああー、いい…って感じでした。
宇野なずきさんの
サンリオのキャラが描かれたハンカチをいつまでも使い続けてる祖母

子供っぽい柄で、大人が使うには、多分少し小さめのハンカチなんでしょうね。
主体が昔プレゼントしたものとか、そういうことなのかも知れませんが、
物持ちの良さとか、実用に叶えばキチンと使用するという姿勢がいかにも「祖母」という感じでいいなって思います。

というコメントをうたの日に入れましたが、
この歌で、面白いなって思ったのは、
その「祖母」を見る主体の視線の温度が、
「あたたか」とは少し違う感じがしたところでした。
こんなステキなおばあちゃん、という紹介ではなくて、
どことなく「やれやれ」的な気持がひそんでそう。
って言ったら穿ちすぎでしょうか。

えんどうけいこさんの
唐揚げにレモン絞っていいですか 恋人になっていただけますか
この歌を一目見て、
大西泰世さんの川柳のオマージュかなって思いました。
こいびとになってくださいますか吽(うん)
ほんとうのところは、
オマージュなのか、たまたまちょっとだけ似てたというだけなのか
分かりませんが、
この歌の面白さは、
相手から「うん」の一言を引っ張り出したいのか、
そうでもないのかが分からないところ。
矢継ぎ早に二つの質問して、
最初の質問で「うん」って答えた勢いで、
次の質問にもうっかり「うん」って言っちゃう
みたいな流れが、この二つの質問だと出来るかどうか怪しいんですよね。
「唐揚げにレモン」
これ、「ちょっと待って」「自分でかけるわ」って言われそうですし。
中牧正太さんの
我はいつ見つめることに飽きるのかあのハンカチはステッキになる
「あのハンカチはステッキになる」
と、決め付けて、じっと視線をそらさないように見ている
って面白いなって思いました。
「我は」から「ステッキになる」まで読んで、
マジックをひたっと見詰めているという子供(あるいは子供っぽい人)かなと
思うんだけど、
またもう一度上の句へ戻ると、
なんとなく、このハンカチをステッキに変えてしまいそうだと見ている対象が
マジシャンではないのかな、
どうしても見つめてしまう人がいて、
でも、その人って主体が好きな人なんだけど、
どうしても信用できない人なんじゃないかな
とか思えてきちゃって、
不思議な上の句と下の句だなぁって思います。
ほしくんさんの
ディズニーのハンカチ落ちてる踏まれてる拾いあげるも躊躇うほどに
拾い上げるのも躊躇うほど
っていう感じ、すごく「落ちてる」ハンカチに相応しいなぁって思います。
惜しいなぁって思うのは、
ちょっと言葉ががちゃがちゃしすぎてるところ。
「落ちてる踏まれてる」という話し言葉でハンカチの状態を二つ重ねたとことか
「拾いあげるも」っていう、
多分「拾いあげるのも」を7音に入れるためにけずった1音とか、
無残なハンカチ、それも一目でディズニーキャラクターとわかるハンカチって
いうモチーフはすごくいいなって思いました。
スポンサーサイト

<< うたの日(風・負け) | ホーム | うたの日(車) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム