プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたの日(2月4日)


うたの日

2月4日のお題は「西」「会」でした。

この会はもうないのよって言いながら会員カードで集めるパン屑(しま・しましま)

この日いいなと思ったうた。
すずきさんの
洗っても取れない墨汁の匂いあさひ会館を出れば夕焼け
なんだか郷愁に駆られますね
って書道教室通ってなかったけど。
「洗っても取れない墨汁の」まで読んで、
そうそう、
墨汁って服に付くと取れないんだよね
って思ったんですが、
それに続く言葉が「匂い」だったので、
あっ、服じゃなくて手に付いた墨汁なんだ
っていう、
ちょっとマントでいなされた闘牛の気持を味わいました。
それにしても
「あさひ会館」という固有名詞がいいなぁ。
いかにも、書道教室やってそう。
結句の「出れば夕焼け」で場面転換して
夕焼け空のイメージがぱっと広がって、
より郷愁を誘うようでした。

安西大樹さんの
どピンクのレインコートで会いにゆく音符のような雨弾かせて
わたしはどうやら、
「ピンク」に弱いようで、
この歌も
「どピンクのレインコート」にやられました。
「音符のような雨弾かせて」で
その弾む心と足取りは想像されますが、
そこに
「どピンクのレインコート」が登場することで
破壊力(というか、ある意味暴力的なほどの)
女の子らしいパワーが備わったような気がします。
ふんわり甘くてやさしいだけじゃない、
その力強さが可愛くていいなって思いました。
まゆまゆさんの
荷台には箱いっぱいの餌はこぶハトおばさんに今朝も出会えり
うたの日の他の方のコメントを見て、
ああ、そういうこともあるんだ……
と、思った歌でした。
自宅でめっちゃ鳩を飼ってる町内の密かな有名人の
「ハトおばさん」
って思って詠んでました。
餌を運ぶ姿に「今朝も出会えり」だから、
早朝、野生のハトに餌をやる人、
なのかも知れませんね。
というか、そうなのかも。
でも、その行為の是非はおいておいて、
やっぱり主体は、「ハトおばさん」に出会うことが
嬉しいんじゃないかな。
ちょっと(かなり?)迷惑な人でも、
めっちゃ変わった人で知り合いにはなりたくない人でも
密かな有名人で、
元気でいるところを見かけると
嬉しくなるような、
そういうことってありますよね。
スポンサーサイト

<< うたの日(2月5日6日) | ホーム | うたの日(2月3日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。