プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたの日(3月4日)


うたの日

3月4日のお題は「片想い」「センス」「早起き」でした。

すきな人の視線をたどる 片思い隠す気のないまっすぐな視線を(しま・しましま)
うーん、われながらリズムが悪いですね。
初句の字余り、三句目の助詞抜き、
それから結句の字余り。
定型感があるのに、
バラバラあちこちにひっかかる部分があるのが
かっこ悪い感じ。
あの人の視線をたどる その恋を隠す気のないまっすぐな視線を
指示語指示語で思わせぶりになっちゃうけど、
こっちの方がまだマシかな。
うーん、恋の歌とか難しいと思って、
構えて詠んでるせいですね。

この日いいなと思った歌。
星野空路さんの
片恋のままで終わったことだからおとぎ話として取り出せる
なまじちょっとでも成就しちゃうと、
その後がどうしても生々しくなっちゃいますからねー。
うんうん、わかります
という感じでした。
この「片恋」は、
単なる片想いじゃなくて、
告白すらしなかった恋かなぁって思いました。
「片恋」「おとぎ話」どちらも
年月を重ねてもあんまり変質しないものみたい。
「取り出せる」っていう結句もいいなって思います。
ほんのり手触りがあります。

森下裕隆さんの
窓の外ばかり見てるね片想い専用車両に君は揺られて
「片想い専用車両」
がいいですよねー。
片想いしてる人だけが乗り込む車両。
「君」はそこで「揺られ」ながら「窓の外ばかり見てる」。
「君」の想い人がそっちにいるのかも。
っていうのを、
同じ車両で主体が見つめてる
ってのが、また。
切なくてすきです。
文乃さんの
教室に降る陽のなかで君のシャツだけが真白くかがやいていた
おおぅ。
これは…
まごうことなきthe 片想い。
という感じの正統派きゅんを頂きました。
「教室」という舞台、
陽の光、
その中でもひときわ輝いて見えてしまう
っていうの、もうthe キュンですよね。
映像がぱーっと浮かんで来るようでした。
いやもう、そう見えちゃうという主体そのものが
眩し過ぎますよ。
スポンサーサイト

<< うたの日(3月5日) | ホーム | うたの日(3月3日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。