プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(3月21日22日)


うたの日

3月21日のお題は「春」「葉書」「フライ」でした。

しつぽ食べないのと言はれ海老フライぱきりと不服ごと噛みしめる(しま・しましま)
助詞が少なくて、
なんとなくふがふがした感じ。
たまにはこういう
オレ、ハラヘッタ。オレ、ナンカクウ。
的なカタコト感もいいかなぁとか思ったりして。
わたしだけかも知れないですが、
口語というか話し言葉に旧かな遣いって
カタコト感が増すような気がします。

この日いいなと思った歌。
西村曜さんの
物語とは一本のマックフライポテトが通学路に落ちるまで
この歌の言ってることと
ちょうど逆ではあるんですが、
まず道に落ちてる一本のフライドポテトが見えて、
そこからその道が通学路であるとわかる広さが見えて、
その後、
「一本のマックフライポテトが通学路に落ちるまで」
の物語が逆回しでするする見えてくるような気がしました。
読む人それぞれに、
違う物語が再生されるんだろうなって思って、
素敵な広がり方だなぁって思いました。

といじまさんの
この人が釣った魚という点で同士と言えるこのアジフライ
妻の余裕とユーモア、
それからちょっとチクリと棘があるところ、
面白いなって思いました。
「この人」という言葉に、
なんとなく余裕が感じられました。
「アジフライ」旨いですよね。
天野うずめさんの
牡蠣フライはちゃんとしょっぱい味がする働くことが嫌になっても
正直、牡蠣フライそのものに
「ちゃんとしょっぱい味」あるかなって思ったんですが、
牡蠣フライによっても、
その人の感じ方によっても違いますよね。
「働くことが嫌」になることは、
多々あるかと思うけど、
ちょっとした「嫌」ではなくて、
実際かなりしんどい状況に主体はいるのかな
と思います。
でも、美味しいものを美味しいと、
しょっぱい味をしょっぱいと
そう感じられる間は、
まだ精神的にもバランスが崩れてないんだ
って思う感じはわかるなぁって思いました。
「牡蠣フライは」という詠み出し方もいいな。
ぐっと引き込まれるぐらいの力が、牡蠣フライにはあります。


3月22日のお題は「レコード」「ベートーヴェン」「ペン」でした。

ペン立てにペンじゃないものばかりある深夜の雨も春のあかるさ(しま・しましま)
とうとう
「しましま感」を手に入れたようです。

この日いいなと思った歌。
小川けいとさんの
安っぽいシャーペンだけが思い出でたまにカチカチ鳴らしたりする
この「思い出」が、何に纏わる思い出なのか、
その辺りはわからないけど、
主体に残った思い出の品が「安っぽいシャーペン」って
なんとなく、リアルでいいなって思います。
不思議なもんで、安っぽいシャーペンって、
何故か妙に丈夫で、
芯さえ入れればずっと使えたりしますね。
主体のシャーペンも、
きっとまだ現役で使えるものなんだろうな。
下の句の
「たまにカチカチ鳴らしたりする」
の、小さいアクションが、
「安っぽいシャーペン」とはいえ、
楽しい思い出なんだろうなって思わせるようでした。

ナタカさんの
剣より強いだろうか僕の名が入った三色ボールペンでも
この歌もいいなぁ。
「僕の名が入った三色ボールペン」
っていうのが、なんともいえない味があって、
ハートでもいいなぁと思うぐらいでした。
「ペンは剣よりも強し」って言うけど、
こんな感じのトホホなペンと、
こんな僕の書くものも、
「剣より強い」と言えるだけのものになるんだろうか
っていう、
ほんのりとした葛藤が好きです。
好きだからこそ、
重箱の隅をつつくようなところが気になってしまって
音符にしちゃったんですけどね。
「剣より強いだろうか」
は、読んだ感じでは「つるぎより」と読ませているのかな
って思うんですが、
ここはやっぱり「けんより」にして欲しかったです。
「ペンは剣よりも強し」は、
言い方を変えずに使ったほうが
ストレートに響く気がします。
御殿山みなみさんの
シャーペンよ、あれだけノートとったんだ聞かせてくれよお前の記憶!
これもすごく面白くて好きでした。
テストを受けてる最中でしょうか。
自分の記憶の方は置いといて
シャーペンの方の記憶に頼りたくなるって
うーん、上手いところをズバッと突いてきたなって感じ。
最後にある「!」がいいですよね。
勢いというか、臨場感があります。
スポンサーサイト

<< うたの日(3月23日) | ホーム | うたの日(3月20日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム