プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたの日(4月8日9日)


うたの日

4月8日のお題は「器」「風船」「歌詞」でした。

知らないものを懐かしがってばかりいて静かにしぼむ昨日の風船(しま・しましま)

この日は、投票が出来なかったんですよね。
残念でした。

4月9日のお題は「朝焼け」「土曜日」「支」でした。

土曜日のホットプレートひっそりと人差し指のやけどを舐める(しま・しましま)
昭和育ちのわたしとしては、
土曜日のホットプレートは昼のイメージ。

この日いいなと思ったうた。
音叉さんの
静かなる君の呼吸を数えつつ寝返りをうつ土曜日の朝
「静かなる」の「なる」が、
やや大袈裟な感じもしないではないですが、
「君」への主体の心情が、そこにあるのかな
と、思ったりしました。
土曜だから少し遅起き、
というか少し長めの朝寝をしてるって感じでしょうか。
隣に寝てる「君」を起こさないように、
そっと寝返りをうつっていうのがいいですよね。
起きるんじゃなくて、また眠るつもりっぽいところも
いいなぁ、土曜だなぁって感じがしました。

笠和ささねさんの
土曜日のビームライフル実弾で人を撃つ日が怖くて行けず
「土曜日のビームライフル」
という、
どういう世界観なんだと思う初句が
まず目を引きました。
下の句では今度は「実弾で人を撃つ」です。
なんて殺伐とした世界に主体はいるんだろう……
ってびっくりしますよね。
「ビーム」に対して「実弾」なわけですが、
実弾の方が、生々しくて、
人を撃つ手ごたえみたいなものが、
より強く感じるのかもしれないなぁとか思います。
もしかしたら
「土曜日のビームライフル」は、
ゲーム上の武器なのかな、
家の中でするゲームでは、いくら人を撃っても、
まあ、しょせんゲームだから、って感じですよね。
でも、主体には、実際は行かなければいけないところがあって、
そこでは「実弾で人を撃つ日」があるかもしれない、
という。
これは比喩なのかもしれませんが、
何か人を傷つける、人に傷つけられる恐れがある外には、
こわくて出ることが出来ない主体なのかなと思いました。
月花さんの
家中を掃除機かけて床拭いて耕すような土曜日でした
うーん、
このうたはもうとにかく
「耕すような」がいいなって思いました。
平日は仕事が忙しくて、
家事を丁寧にやってるわけには行かないけど、
その分、土曜はきちんと、
自分が納得いくまで家事をされるんでしょうね。
丁寧な生活ぶりや、自宅への愛着、
そこで一緒に暮らす家族への愛情が感じられて
ホントステキだなぁって思います。
スポンサーサイト

<< うたの日(4月10日) | ホーム | うたの日(4月7日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。