プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたの日(4月20日)


うたの日

4月20日のお題は「@」「駄菓子」「若」でした。

まちじゅうの犬の名前を調べてはちびちび掬うモロッコヨーグル(しま・しましま)
お題「駄菓子」で、
なんとモロッコヨーグルのうたが三つもあって、
なんとなく、流石ヨーグルという気がしました。
アイスについてくる木のスプーンの
ちっちゃいバージョンみたいな
モロッコヨーグル用のスプーンがすごく好きでした。

この日いいなと思ったうた。
ももさんの
校門に面した駄菓子屋のベンチ誰もが願うジンクスがある
「誰もが願うジンクスがある」
ってなんか好きなフレーズだなって思いました。
「ジンクス」っていうものについて考えたら、
「誰もが願う(結果をもたらすための)ジンクス」
ってことになるかと思うんですけど、
そこをばっさり切って繋げてしまったところ
好きだなって思います。
なにか、強い存在感とか説得力が
あるような気になるんですよね。
小学校か中学校かわかりませんが、
校門前にどーんと駄菓子屋があるっていうのも
なさそうでありそう。
恋のジンクスかなって最初思ったんですが、
校門前の駄菓子屋のベンチって、
これは二人で座ったら注目の的ですよね。
いや、それだからいいのか、
二人の度胸が試される場所でもあるのか
とか色々考えて楽しかったです。

遠井海さんの
床じゅうにブラックサンダー敷きつめて怖いものなどもう何もない
なんだろな、
すごく分かるような気がします。
ブラックサンダー強いですし。
あのパッケージ自体が強そうだし、
沢山あったら安心感ありそうで、
敷き詰めることで守られたエリアにいる
みたいな感覚になりそうな気がします。
「怖いものなどもう何もない」と、
あえて言うからには、
きっと主体には
この世界に怖いものがいっぱいあるんだと思います。
部屋の中でブラックサンダーに守られてる女の子を想像すると
何か胸が締め付けられるような気持にもなりますね。
小川けいとさんの
触ったらいいことあると信じてた駄菓子屋さんの黒招き猫
うーん、これもいいなぁ。
ハートを迷ったうたでした。
何か「黒招き猫」に圧倒的なリアリティがある
そんな感じがありますね。
目がぎょろぎょろしてて
てっかてかに黒光りしてて
正直触るのが怖いぐらいだけど、
それだけに「触ったらいいことある」って
思われてる。
「たら」だから、
別に実際に触ったかどうかは分からないんですが、
「触る」っていう肉体的な感覚に直結するフレーズが
冒頭にあるのも、
「黒招き猫」の存在感と合ってていいなって思いました。
2600さんの
今はもうつぶれてしまった駄菓子屋の前にかがんで十円ひろう
「十円」が効いてるなぁって思います。
駄菓子屋で流通するコインのメインですよね。
今はもう、駄菓子屋は営業してないんだけど、
その十円が、
駄菓子屋でやりとりされていた十円の
落し物みたいに思えます。
「かがんで」
というワンアクションも
「拾う」にリアリティを持たせてるって気がします。
スポンサーサイト

<< うたの日(4月21日) | ホーム | うたの日(4月19日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。