プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたの日(5月23日)


うたの日

5月23日のお題は「コンビニ」「歯ブラシ」「菱」「壁」でした。

この日は「菱」に投票してみました。
いつもより一首分を多めに感想書いたので、
それを転載しつつ一言だけ。

ハートを入れたうた。
白黒つけたいカフェオーレさんの
あらためてナポレオンの辞書にない言葉:不可能、まきびし、向田邦子
うたの日で
ナポレオンの辞書に不可能がない話はもう散々さまざまなことで使われるネタになってますが、そこをまた逆手にとったような初句の「あらためて」がいいなってぐらっとしました。
「不可能、まきびし」とならんだところで、ぐらぐらっとして、最後の「向田邦子」で陥落してしまいます。何を持ってきてもまあまあ様になるかとも思いますが、多分、「向田邦子」だけは思いつかないだろうなって思います。
とコメントを入れました。
そう、
「向田邦子」。
参っちゃいますよね。
唐突に「向田邦子」が放り込まれちゃって。
おかげで頭の中が「向田邦子」でいっぱいになっちゃいました。
昭和中期の美しい日本で
頭の中がいっぱいになって、
おもわずハートを入れてしまいました。

音符を入れたうた。
矢波多恵さんの
いつか来るいつかはいつ来る 前を行く母の四つ菱紋を見つめる
うたの日で
母の紋付の背中を見つめる主体。そういう姿を見る機会というのはいくつか考えられますが、お葬式なのかなって思います。今回は母も自分も見送る側だったけれど、いつかは…という思いをもたれたんでしょうか。「いつか来るいつかはいつ来る」言葉遊びのようだけど、「いつかはいつ来る」にじんと胸を打たれました。覚悟はしとかなければいけないだろうけど、いつまでに覚悟を決めないといけないのか、考えるだけでも辛いですよね。
というコメントを入れました。
上の句の噛み締めるような心情がやっぱりいいなって思います。
この上の句を踏まえての、
「前を行く母の四つ菱紋」の情景が
鮮やかに浮かぶようでした。
藤 かづえさんの
独唱の山ほととぎす飛び去りて菱ヶ岳全山みどりなり
うたの日で
主体は、菱ヶ岳を臨むことが出来る別の山裾にいるんだろうと想像します。
一羽のホトトギスの鋭い鳴き声が響いたかとおもうと、鳥が飛び去るのが見えた。そして、目を転じると「菱ヶ岳」が開けているのが見えて、それが「全山みどり」だった、といううたかなと思います。
この「菱ヶ岳」という山をわたしは全く知らないんですが、初夏の山歩きの感じが臨場感があっていいなって思いました。下の句でリズムが乱れるのが残念な気がしました。
とコメントしました。
「飛び去りて」で、
明らかにそれきっかけで
主体の視点が移る様子がわかるみたいで、
わたしはいいなって思いました。
那須ジョンさんの
きらきらはひし形だよという君と時間をかけて図形をさがす
うたの日で
状景を想像するための言葉が少なくて、もしかしたら全体的に比喩なのかも知れないけど、なんとなく夜空の星を一生懸命繋いでる二人が想像されました。
「きらきらはひし形だよ」ってすてきなフレーズだなぁって思います。「君」は、恋人でもいいんだろうけども、とても仲のいい友達とか想像しました。
とコメントしました。
たくさんの図形に囲まれた二人、
というところから、
夜空を連想しました。
なんとなくイノセントな雰囲気があって
二人の少年とか想像してしまいましたが、
色々と想像の余地があるところも
このうたの魅力だなって思いました。
亜梨さんの
校章の菱形はペンの形だとペンを握らなくなってから知る
うたの日で
在校時に教えてくれれば……って、きっとそのころも校章の由来を誰かが何かの折に語ってたのかも知れないけど、その頃はきっと全然心に響かなかったのかもって勝手に想像を膨らませてます。
さらっと詠まれて味わいのあるうたって思いました。
とコメントしました。
しみじみといいうただなぁって思います。
うん。
今知ったから何なんだというと、
それはたしかに何でもないことだけど、
なにかこころに響くものがあった
っていう主体の心の機微が感じられます。
スポンサーサイト

<< うたの日(5月24日) | ホーム | うたの日(5月22日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。