プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたの日(6月2日)


うたの日

6月2日のお題は「記憶」「箱」「寮」「ルビ」

この日は「寮」で投票させてもらいました。

ハートを入れたうた。
遠井海さんの
本当はグリフィンドールに入りたい畳の湿気った寮を飛び出し
「畳の湿気った寮」
うわー……
って一歩足を踏み入れただけで
どんびきしそうな寮ですね。
昭和の時代に建てられて、それ以降リフォーム無しの、
しかも日当りがものすごく悪いところなのかも。
自分が入る寮ってここなんだ
って思った瞬間から、
もう出たい出たいって思っちゃうような。
そこで夢見ちゃうのが
「グリフィンドール」
ってところがいいなって思います。
もちろんこれは
「ハリーポッター」に登場する
ホグワーツ魔法魔術学校にある寮の一つなんですが、
主人公がいる寮で、
そこには友情と冒険と恋があるわけですよ。
こんな畳と一緒に腐っちゃいそうな寮じゃなくて
グリフィンドールがよかった
グリフィンドールに入りたかった。
「寮生活」への夢が破れた後の気持がぐっとくるうたでした。
「グリフィンドール」と「湿気った畳」の落差も
面白かったです。

音符を入れたうた。
多田なのさんの
寮暮らしじゃなくてよかった六月の線香花火を揺らしてふたり
前述のホグワーツ魔法魔術学校では(ひっぱる)
ベッドルームこそ男女わかれてますが、
それ以外は男女が同じ寮で暮らしてるので
そこそこ厳しい規則の中でも恋が育ったりするわけですが、
一般的な日本の寮って
基本的に男女の寮ってわかれてますよね。
そうするとやっぱり恋愛はきびしいんじゃないかと
思ったりして。
さて、多田さんのうたですが、
お題「寮」に対して、
「寮暮らしじゃなくてよかった」
って切り口がまず目を引きました。
なかなか思ってても言葉に出来ないかもしれないところを
さらっと言われてるところがいいなって。
ちょっと唐突なようなこの
「寮暮らしじゃなくてよかった」が
下の句で、
なるほど、そうだよね
ってなるところもいいですよね。
「六月の線香花火」がステキすぎます。
ひっそりと甘酸っぱいなぁって思いました。
大月閑さんの
隠れたる寮長ヤスオは爪を研ぎをりにき今は寮墓に眠る
「寮長ヤスオ」は猫なんでしょうね。
本当の寮長ではなくて、
そう呼ばれて寮生から愛されていた猫。
下の句の「今は寮墓に眠る」
がすごくいいなって思って音符を入れました。
「寮墓」って、すごい言葉だなって思います。
初句の「隠れたる」という言葉が、
その存在を隠されているという意味(影の寮長、みたいな)なのか
隠れて爪を研いでいたという意味なのか
死んでしまったという意味なのか
分りにくい表現になってるのと、
古文の文法はさっぱり分らないんですが
「をりにき」
に、違和感があるところが
うーん、どうなんだろうな
って思いつつの音符ではありますが。
「寮墓」にささげる音符という感じです。
スポンサーサイト

<< うたの日(5月3日) | ホーム | うたの日(6月1日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。