プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(6月16日)


うたの日

6月16日のお題は「虹」「水」「葉」「淡」「藤」でした。

明日返す本の名前をつぶやいてまだ水みたいなシャワーをはじく(しま・しましま)
ああって思われるのか、
えーって思われるのか分かりませんが、
わたしはわりと気が短くて、
寒い時期はさすがに無理ですが、
シャワーも完全にあたたかくなるのを待てないタイプです。

ハートを入れたうた。
こたきひろしさんの
地獄って熱中症の極みだよ 水は必ず持っていくべし
めっちゃ面白いって思いました。
下の句の
「水は必ず持っていくべし」
という強めのアドバイスがすごく好きです。
「必ず」「べし」
強いですよね。
ところが、それを持ってけっていう先が
「地獄」なわけです。
いや、地獄って死んでから行くところで
準備万端で行けるところでも
手荷物OKな場所でもないでしょう。
っていうか「熱中症の極み」?
灼熱地獄とかの熱さの極みじゃなくて
「熱中症の極み」。
言葉の意味はわからないけど、
とにかく何か凄いヒドイということが伝わるフレーズです。
この
「水は必ず持っていくべし」
という強い、でもズレたアドバイスの
理由になる部分が
すでにズレズレになってるところが
めっちゃ面白いなぁって思いました。

音符を入れたうた。
千歳ちとさんの
水たまりせーので跳んだ帰り道 世界まるごと遊び場だった
幼い頃の回想のうただと思いますが、
今目の前にある水たまりを見て、
ぱっと幼い頃の水たまりをジャンプした記憶が蘇ったような
明るい感じがいいなって思いました。
「せーの」の掛け声に、
その頃の仲良しさんといつも一緒に帰ったこととか
同じノリを共有してたんだなとか
想像されます。
「世界まるごと遊び場だった」
も、
いかにも子供の世界っぽくていいなって思いました。
たぶん、目の前の水たまりも、
「せーので跳んだ」水たまりも、
大人の主体にとってはジャンプしなくても
ちょっと大またで跨げるぐらいの大きさなんだと思います。
同じように、当時の「世界」も、
きっと今の主体が感じる世界よりも
実際はもっと狭い世界だったんだろうな、
でも、
そのなかをを全部遊び場として使っちゃうパワーが
幼い頃にはあったんだろうな
って思うと、
ほんわりしたり、現在と較べてみて、ちょっと切なくなっちゃったり。
深読みしすぎたかもですが、
そういう想像が広がるうたでした。
七緒さんの
こんな夜に涙ばっかりあたたかで 檸檬ケーキをほたほた濡らす
「涙ばっかりあたたか」にやられたうたでした。
もうこの言葉を目にしてから、
そういえば涙はあたたかいな、
でもすぐに冷たくなっちゃうんだよね、
どの辺りまではあたたかいままなんだろう
って
そんなことばっかり考えてしまいました。
うん、すごくわかる表現で、
泣いてるのにあたたかな、ちょっと悔しい感じが
いいなって思います。
「檸檬ケーキ」もいいですよね。
レモンケーキといえば、
やっぱり昔ながらのレモン形のアレであってほしい。
やさしいクリームイエローの
ぽてっとした形で、
ガナッシュ(?アイシング?)がかかってるやつ。
「ほたほた」落ちた涙が、
ケーキにしみ込まないで流れていきそう。
西村曜さんの
かんぜんにイントネーション「水死体」だったよいまの「恋したい」って
思わず「恋したい」を二度口にしてしまいました。
「水死体」のイントネーションで。
ここからは完全なわたしの妄想なんですが、
失恋の痛手をまだ少し引きずりつつも、
ある程度時間がたったぐらいの女友達と二人でいるところ
とかが浮かんで来ます。
いろんなことをしゃべってて、
ふと
「恋したい」って呟いた友達への
ツッコミの言葉っぽい気がします。
もしかしたら、
女友達じゃなくて、自分のひとりごとに
セルフツッコミという場面なのかも知れないけど、
友達として読む方が楽しいかなって思いました。
全部わかってつっこんでる、みたいな
やさしさがなんとなくあるような気がします。
加賀田優子さんの
そもそも自分なんてないのにおもしろい手のひらですくった水を浴びる
破調ですよね。
目で読むとすごく破調で、
口に出して読むと、
最初は破調、
二度目はなんとなく七五調にも読める感じ。
「そもそも自分なんてないのにおもしろい」
って不思議な感じ。
主体の感じる「おもしろい」は
まったく分からないんですが、
するんふわんとした雰囲気は面白いなって思いました。
で、そこに
「手のひらですくった水を浴びる」
っていう質感のあるものが来るところが
いいな、好きだなって思いました。
「手のひらですくった水」
って、ちょっとやわらかくて、
あたたかくて、あかるい感じがします。
「自分なんてない」って言い切ってる人に、
体温のあたたかさがあるって
いいなって思いました。
スポンサーサイト

<< 題詠blog2015二周目(01~20) | ホーム | うたの日(6月15日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム