プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

題詠blog2015二周目(01~20)


ふと思いついて、
題詠blog2015二周目
ってのを勝手にツイッター上で一人開催してました。
約一年経ってから、
同じ題でどんな違った短歌が出来るんだろう
っていう単純な好奇心からだったんですが、
いやー、難しかった!
一周目は、旧かな遣いで統一しましたが、
今回は、普段からそうなので、新かな遣いで統一。
さて、少しは成長してるんでしょうか。

一部作品を取り替えたり、
修正したものもありますが、
おおむねツイートしたものとなってます。

001:呼
そう呼べばいつか芒もそうなってゆくのでしょうか ベランダに月
002:急
急に来てパックおはぎを置いていくいつまでも母どこまでも母
003:要
要点は多分そこではないけれど声がいいので頷いている
004:栄
栄えあれ チュッパチャップス差しこんだ幼き我が溢れさす蟻
005:中心
いっそ委ねてしまえばいい ぐるぐるの中心にあるさらにぐるぐる
006:婦
裸婦像のそのたくましきすっぴんの誰にも似てて誰にも似てない
007:度
忘れ物するためにする念入りな支度 最初にふとんをかぶる
008:ジャム
夕べにはしおれることも分っててアヲハタジャムの空き瓶に挿す
009:異
ゆうぐれのシンクの中で貝たちはみんな異なるあぶくを吐ける
010:玉
玉乗りが出来て一人前ならばぼくはゾウにはなれないままだ
011:怪
怪しさの深さをはかる手を入れて手首あたりを掴まれている
012:おろか
夜中を起きて見る夢おろかさのこんなに甘いものであること
013:刊
復刊のうわさそわそわカーディガンのボタンホールをするりとボタン
014:込
駆け込んで来て振り払う雨粒のうつくしすぎる冷たさだった
015:衛
それがもし人工衛星だとしても指を差すまでひかりは希望
016:荒
落とし所のないもやもやを捨てたくて手荒に揺らす無人のブランコ
017:画面
電源を切れば画面に何度でもよみがえるからゾンビみたいだ
018:救
救われて欲しいとおもうあんなにも真面目に泣いたきみなんだから
019:靴
ドアノブに手袋イスの足に靴不思議のリビングの赤の女王
020:亜
赤ちゃんが生まれましたの看板へ届く亜細亜象の水しぶき

やっぱり「栄」と「亜」は難しかったですね。
一周目の小池栄子よりはマシになったんじゃないかと
思ったりはしますが。
あっ、ちなみにツイッターの方は既に削除しております。
スポンサーサイト

<< うたの日(6月17日) | ホーム | うたの日(6月16日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム