プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(6月18日)


うたの日

6月18日のお題は「今度」「神社」「巴」「5分」「豹」でした。

今度は何でにじんだんだろ近況をつづった(らしい)読めないはがき(しま・しましま)
うたの日がリニューアルして、
主席が花束からバラに変わって、
初めての主席だったかもです。
「今度」って、
今回を言う場合と次回を言う場合がありますが、
わたしが詠んだのは今回の場合。
ほとんどの方が次回の場合で詠まれてたのが
ちょっと意外な感じでした。

ハートを入れたうた。
こりけケリ子さんの
ねむたさと闘い負ける人生だ今度生まれるときはカエルだ
いろんなイメージがわーっと湧いてくるうたでした。
「ねむたさと闘い負ける人生」
うん、わかるー。
ねむたさと闘って勝てるってなかなかないですよね。
色んなことで「負ける人生」ではあるけども、
実はなかなか「闘い負ける」って無かったりしますよね。
真正面から闘って、でも負けてばっかり。
その一番多い勝負はたしかに眠気だったりするかも。
そこに、下の句の
「今度生まれるときはカエルだ」
という意外性のある下の句が来ます。
だから、なのか、それはそうとして、なのか分かりませんが、
唐突なようでいて、
ねむたさとカエルはどっか通じるものがあるような気がするので
だから、に近いのかなぁとか思ったりして。
うたの日のコメントで
「蛙の目借時」という季語について言及しましたが、
コレ、春の眠くて眠くて仕方がない時期、
ちょうどその頃地面の上に出てきて、
しきりに春を謳歌してるカエルに、
自分の目を借りられてしまったんじゃないだろうか
みたいな春の季語なんです。
今度生まれてくるときには、
借りられる側ではなくて
借りる側になるぞー!
みたいなのを想像してふふってなりました。
もう一つ、イメージしたのは、
もうちょっと辛い情景。
うちの甥っ子が幼いときの話なんですが、
母親(妹ですが)に厳しく叱られてるときに、
なぜか泣きながらこっくりこっくりとねむってしまう
という癖(?)がありました。
それがさらに母親を怒らせる結果になってしまうわけなんですが、
どうしても急に眠くなってしまうんだとか。
後から知ったけど、
これって一つの防御反応なんですね。
叱られて、ぺたんとはいつくばって、
うとうととしてしまう……
なんとなくそんな甥っ子の姿も思い出して切なくなってしまいました。

音符を入れたうた。
温子さんの
夫聞く今度の休み何しよう掃除洗濯海が見たいわ
次回という場合の「今度」の中で、
このうただけが具体的な「今度」で目を引きました。
二句目から以降は
「今度の休み何しよう」「掃除洗濯海が見たいわ」
と、会話形式のようでもありますが、
「今度の休み何しよう」(掃除洗濯海が見たいわ)
とか
「今度の休み何しよう」(掃除洗濯)「海が見たいわ」
とか
「今度の休み何しよう」「掃除洗濯」(海が見たいわ)
とか、色々なパターンが想像されます。
「掃除洗濯海が見たいわ」がいいですよね。
海を見に行きたいというロマンチックな希望と
でも平日の分が溜まってるから、掃除洗濯がありますから
っていう現実感。
ちくりと夫への皮肉が感じられますが
でも本当は「海が見たいわ」なんだろうなってところが
すごく好きです。
ただ、初句の「夫聞く」の、
助詞が省いてあるところが気になりました。
御泉水さんの
じゃあまたね今度はないと知りながらふたりでついた嘘の優しさ
「今度今度って、今度っていうのはつまりナシってことの婉曲な表現でしょ」
という「今度はない」ではなくて、
「またね」の方がないんだっていうことですよね。
「またね」っていうのは「また今度ね」ってことだけど
その「今度」はきっとない。
でもわかれる時にお互いに「またね」でわかれるという「嘘」。
それを「ふたりでついた」っていうところが
めっちゃやさしいなって思いました。
お互いに責めない別れ、なんですよね。
ごめんねでもばかやろーでもなくて、
「じゃあまたね」。
うーん、この穏やかさがドラマチックだなぁ。
キョースケさんの
「また今度」また繰り返すその言葉あなたの悪気をのぞいてみたい
具体的なプランのない「今度」って、
一度や二度ならついうっかりかも知れないけど、
「また繰り返す」っていうほど多用するなら、
それはやっぱり意図的な逃げの言葉ですよね。
まだそんなに親しくない「あなた」なら、
そうなんだ……で諦めるところだと思いますが、
そこに「悪意」という言葉を見い出すとこに、
ある程度親しい関係の「あなた」なんだろうなって気がします。
で、それを言い立てるんじゃなくって、
「あなたの悪意をのぞいてみたい」
ってところにどきっとします。
ちょっと被虐的な感じがします。
スポンサーサイト

<< 題詠blog2015二周目(41~60) | ホーム | 題詠blog2015二周目(21~40) >>


コメント

ありがとうございました

こんばんは!
私は歌に丁寧な選評をありがとうございました!
とても嬉しいです(*^^*)

Re: ありがとうございました

わーコメントありがとうございました。
やさしくてステキなうたでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム