プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

題詠blog2015二周目(41~60)


041:扇
嘘をつく口の動きをごまかした団扇に残るくちべにの色
042:特
ありがとうこんな大きな氏名欄特別立派なわたしじゃないけど
043:旧
旧き良き記憶の中でウェハースはいつもやさしい(アイスを添えて)
044:らくだ
なんてさびしいらくだのまつり目のさめるようなすすけた毛布をかけて
045:売
どんぐりの量り売り屋は手量りに落葉二枚で三つ買えたり
046:貨
無言で回されるカンパ用紙コップ硬貨ばかりで底が抜けそう
047:四国
来週は四国出張という夫が「四国も近くなった」っていう
048:負
じゃんけんに負けて階段上れない遠くで雲雀のような手が振られ
049:尼
尼僧に侍る尼僧ありけりその声の高さばかりを覚えておりぬ
050:答
本当に答えていいのアメリカンチェリーに暗い情熱のつや
051:緯
経緯とか知らないままに抱きとめるなんならそのまま倒れてもいい
052:サイト
アボカドの実を崩さずに種をとる ウェブサイトでもとめたナイフで
053:腐
時間だけが記憶を薄めるからからの高野豆腐をゆっくり戻す
054:踵
痛くない傷つき方もあるらしく猫の踵にうっすらとハゲ
055:夫
パーカーのおなかんとこのポケットに手をつっこんめば(うん)まだ大丈夫
056:リボン
まだ薄くあの日の海の匂いして端のほつれた帽子のリボン
057:析
君がふと眉根を寄せた瞬間を分析せずに焼き付けている
058:士
士と書いてさむらいと読む 黄昏も十一月はすこし短い
059:税
この雨もいつかどこかで税金のかかった水で、わたしは濡れる
060:孔雀
美しいことが悪だというように母はことさら孔雀を嫌う

41から60で難しかった題は
「尼」「緯」でした。
一周目の時からすでに苦しかったですし。
ていうか、他のうたも割と苦し紛れ的なのが多いエリアな気がします。
ちょっと再掲するのが恥ずかしいような
でも、どう手を入れたらいいのかなってのが
いっぱいありますね。
スポンサーサイト

<< うたの日(6月19日) | ホーム | うたの日(6月18日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム