プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題詠blog2015二周目(61~80)


061:宗
改宗の最後のチャンスだったんだろう呪詛のごとくに祈った夜が
062:万年
こまごまと万年筆で記された祖父の葉書に残る祖母の名
063:丁
包丁の刃がパプリカに触れるときふと思い出す蛹の温度
064:裕
余裕なきことの苦しさこんなに強い風にそよともできないベンチ
065:スロー
あの夜の毛布との距離はかるようにもう一度聴くスローバラード
066:缶
念のため念のためっていいながらかばんに潜ます缶切りひとつ
067:府
こっち見てないって知っててだまって頷いた そろそろ府中町を抜ける
068:煌
膝に落ちた西瓜の種と塩を払う煌めくように夏は終るね
069:銅
銅版画の挿絵うつくし後ろ足で立つ動物とスカートの襞
070:本
本当にあなたはやさしい人だから炎といえば赤色という
071:粉
小麦粉の袋の底よりいっぽんの果物ナイフ春のゆうぐれ
072:諸
ここで諸君に事件のあらましをお話ししておこう といって犬が立ち上がる
073:会場
パーティ会場、いや事件現場はここですかとあわてて猫も駆け込んでくる
074:唾
唾棄すべき行いでしょう果物を分かつナイフで肉を切るとは
075:短
残念だ 舞台をさっていく人へ短評としてこいびとの声
076:舎
キリン舎を出てくるキリンの低い腰どうもどうもと頭をさげて
077:等
ペットボトルの数だけ並ぶ参加者の等間隔に置かれて無口
078:ソース
もう誰もソースとってと言わないでだまって近くの塩を振るだけ
079:筆
どちらかが果てれば終わるものだろう背中合わせの赤青鉛筆
080:標
さみしいと言うんだろうか灯台がときおり照らす小さな浮標(ブイ)は 

61から80のうちの「スロー」と「府」は
ホントぜんぜん出てこなくて、
しかたなく一周目のアンサーソングみたいなやつにしました。
ちなみに
どこにでも行けてどこにも行かなくてカーラジオからスローバラード

なんとなく語尾が疑問符だつたからさうだねと言ふ 府中へ入る
ってのが一周目のやつでした。
ちなみに、
RCサクセションの「スローバラード」と
広島県安芸郡の府中町を詠んでます。
あと、
「粉」から「短」までは
自分の中では一繋がりになってます。
スポンサーサイト

<< うたの日(6月21日) | ホーム | うたの日(6月20日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。