プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

題詠blog2015二周目(81~100)


081:付
どこまでもあの十二時が付いてきて(かわいそう)ねむれないシンデレラ
082:佳
<滋養豊富 風味絶佳>の空箱をぐしゃりとつぶしてしまう父だった
083:憎
にくいってひらがなで書く 思うほど憎いと思っていないみたいだ
084:錦
ふるさとに飾る錦もいろいろで祖父へと贈る最後の花輪
085:化石
今はもう毒だか何だかわからない化石のごとく古びた茸
086:珠
数珠玉と数珠玉の屑あふれ出る園で指定の通園バッグ
087:当
透明なプラスチックを剥がれ落ちるプッチンプリン 当って砕けろ
088:炭
炭酸水に鼻のあたまを濡らされてうふふとえへへは仲良しだった
089:マーク
うどん屋で選ぶ天ぷら@マークの後ろが名前のともだちといて
090:山
山墓のきつい勾配ばあちゃんを置いてきちゃったみたいでこわい
091:略
触れるだけでほつれてしまうたんぽぽの綿毛にたてる略奪計画
092:徴
栗の花に短い雨が降りはじめ、ああ、もう徴(しるし)は失われたのだ  
093:わざわざ
笛吹きがつれてきた子とねずみらのざわざわざわざわ笛吹きの家
094:腹
くまさんのお腹やわらかやわらかな頬を当てればねむれるように
095:申
昔から六月六日は雨ざあざあ降ってくるってうたっています
096:賢
あの公園、大きなポプラのその影に賢者の石を交換したね
097:騙
もう少し騙されたくて火をつける 真っ赤な真っ赤なバースディキャンドル
098:独
コンビニの前の大型せんぷうき羽虫もろとも吹かれる孤独
099:聴
馬鹿騒ぎの歌をさみしく聴ける日の桃から取り出す赤すぎる種
100:願
ご破算で願いましてはキシキシとめくれるいわし蒲焼の蓋

以上で
題詠blog2015二周目はおしまい。
「わざわざ」のうたは、
その後50音童話短歌という遊びをした時に、
「ふ」で再利用しちゃいました。
あらためて「わざわざ」で詠み直そうとか
思わないでもなかったんですが、
まあ、被りもあっていいかなぁとか思って、
そのままにしました。
7月からは
何か時間を掛けて取り組めるものが
見つかればいいなぁ。
スポンサーサイト

<< うたの日(6月25日) | ホーム | うたの日(6月24日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム