プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(6月29日)


うたの日

6月29日のお題は「院」「あきらめ」「竹」「OK」「コーヒー」でした。

わたくしが諦めたならこの缶のつぶつぶコーンはどうなるのだろう(しま・しましま)
現在のうたの日では、
成績の発表までの間、誰にいくつ評が入っているか、
だけがわかるようになってます。
で、昨夜わたしのうたに6つの評が付いているらしい
と知ったとき、
もしかして叱られてるんじゃないだろうか
って不安がありました。
というのは、
わたしが出詠したこのうたですが、
下敷きにしたものがある、
というか、
オマージュというか、
本歌取り的なものだったので、
わたし自身はそういうつもりだったのだけど、
これは悪質と取られてしかられているかも
みたいな不安がありました。
さて、誰のどんな短歌のオマージュかと言うと、
山崎方代の
私が死んでしまえばわたくしの心の父はどうなるのだろう
です。
「あきらめ」という題に対して、
うかんできたイメージのひとつに
この山崎方代氏があって、
彼の温かい血の通った人間味のある諦観に
ずっと惹かれてるんですよね。
でも、それを短歌で表現するのは難しいなぁ
って思って、
結局こういう形になりました。
でも、難しいですよね。オマージュ。
太田青磁さんにいただいた評で、
初句と結句のギャップを褒めていただいたんですが、
おおぅ、なんということでしょう。
そここそ、山崎方代部分ではないですか。

ハートを入れたうた。
詩音さんの
油汚れのようにしつこい「あきらめ」はたぶん一生へばりついてる
なにか、やや固めのゲル状の汚れみたいな「あきらめ」ですね。
でも、言い得て妙な表現だなぁって気がします。
過去に大きな決断をした人ほど、
大きな「あきらめ」がへばりついてるんでしょうね。
大きな「あきらめ」や小さな「あきらめ」ででこぼこになって、
それが人生ってものなのかもなぁって
そんな気もします。
「あきらめ」が「しつこい」って面白いですね。
「あきらめ」自体に意志があるみたい。
そうやって時々自己主張して、
「あきらめ」を作った張本人である主体を苦しめたりするんでしょうね。
うんうん、あるよねーって
めっちゃ共感しちゃいますね。
あのときあきらめなかったとして、
それが叶ったかどうかは別として、
今とは違う自分でいたんじゃないかとか
考え出すともうたまらない。
だから普段は考えないようにしてるけど、
時々こうやって自己主張して来られると……。
「油汚れの」という初句の字余りも印象的でした。
いかにもべったりへばりついてる感があります。

音符を入れたうた。
宮嶋いつくさんの
ごみ箱に捨てては拾う夢破れとも言えないであきらめた夢
どこで切る感じで読むんだろう
って、ちょっと面白いうただなって思いました。
「ごみ箱に捨てては拾う夢」
「夢破れとも言えないであきらめた」
「あきらめた夢」
みたいに、ちょっとずつ重なって繋がっていくような、
不思議な繋がり感がありました。
本当は
「ゴミ箱に捨てては拾う(夢破れとも言えないであきらめた)夢」
なのかも知れませんが
まだ逡巡の途中のようなぐだぐだ感が
この切れ目のない感じと合ってる気がします。
「あきらめ」という題で、
「ゴミ箱に」という直截なイメージの言葉から入って、
「夢」というフレーズを二度も使う
ってところに、
主体の、何らかの夢をあきらめた……
というか、あきらめないといけないんだ
と思ってる感じが強く漂う気がします。
「夢」ですしね、
出来れば、出来れば諦めたくはない。
もういっそ、「夢」の方が破れてなくなってくれれば
はっきりと思い切れるのに……。
みたいな気持、うーん、分り過ぎて辛いです。
2600さんの
もういちど、さあもういちどと繰り返し子は諦めることを覚える
なにか、ぞわっと怖いうた、という気がしました。
「もういちど」
ワンモア、トライアゲイン、リトライ
次こそはうまく行く
みたいな未来への明るい展望がある言葉なのに、
「もういちど、さあもういちど」と繰り返されると怖いですね。
「さあ」にある押し付けがましさみたいなものが
そう思わせるんでしょうか。
簡単に諦めないでほしい気持からの声かけなのに、
最終的に、
こんなにやったけど駄目だった
駄目なものは駄目なんだ
って「子」に体感させる結果になってしまう。
ところで、この「子」ですが、
不特定多数の幼い者、いわゆる子供
とも読めますが、
我が子の「子」と読めて、
余計に怖い感じがしました。
まるで親である主体が、
最初から「諦めることを覚え」させることを目的として
声かけをしてきたみたい。
そこからひっくりかえして、
この「子」は主体自身とも取れるなぁとも思えて、
うーんやっぱり怖いうたって思いました。
千歳ちとさんの
夢なんて叶わないから作りかけの消しゴムはんこでゴシゴシと消す
このうたも宮嶋さんと同じように「夢」と
ストレートな言葉が登場しますが、
もう少し軽い感じの「夢」って気がします。
「夢」を「ゴシゴシと消す」というのではなくて、
「夢なんて叶わない」という気持になって、
なにかを「ゴシゴシと消」してるからでしょうね。
まだ自分の夢とまでは成長していないほのかな夢だったのかも。
何かがきっかけになって、
どうせ夢なんて叶わないもんだよって
自棄になっちゃうことってありますよね。
それにしても
「作りかけの消しゴムはんこ」にはとんだとばっちりでした。
スポンサーサイト

<< うたの日(6月30日「カップラーメン」) | ホーム | うたの日(6月28日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム