プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俳句結社入会時の話から短歌を始めた今の話


昨日ツイッターで、
俳句結社入会時のことを少しリプライしたせいで、
夢の中に今は亡き当時の師が出てきて
なんだかびっくりしてしまった。
会話したとかではなくて、
ただ出てきただけなんだけど。

そうして、
目が覚めてからもなんかつらつらと
当時の事を思い出してます。

うちの結社は大須賀乙字の師系に連なる、
ということで、
その師は二代目の主宰だったんだけど、
とてもそれを大事にされてる方だった。
「俳句は情のねばりを嫌う」とか
「季語は季感が伴わなければ」とか
大須賀乙字の言葉をよく引用されていた。
あと、
「俳句は事よりも、物、景を詠む」
「形容詞から腐る」
とかって言われて、
初心者のわたしはかなり混乱しました。
形容詞無しで描写するって
無理じゃん!
みたいに。
感動を水増ししないために
安易な形容詞を使わない
ってことなんだと
今は思ってます。

あと、
当時の師の選評で
今もよく覚えているのが、
「季語○○は、
事実であったにせよ秀逸な発見である」
という表現。
俳句ってよく客観写生とか写生とかって
「事実」であることが前提っぽく言われることがあるけど、
うちの師は
「事実であったにせよ」
っていうんだって。
実際に合った事としての事実と
詩的事実は違う、
みたいなことを
よくおっしゃってましたね。

ああ、
思い出すとどんどん懐かしくなってしまう。
個人的によく言われたのが
「焦らない」ということ。
どこの先生もそれは同じなんでしょうね。
結果を焦らず詠み続けること
とにかくそれを言われ続けてた気がします。
(つまりめちゃ焦ってた)

短歌を始めて二年目で、
結果を焦らない
というのは、多分一緒なんだろうなと思いつつ、
俳句を始めた当時と、
今のわたしは、
まず年齢が全然違うから、
やっぱりある程度の焦りはどうしてもあるよ
って気もしますが、
逆に
40代後半からのスタートじゃ
20代で俳句を始めた当時のような
野心は持ちようがない
っていうところは
さみしいけどホントのところで、
ぶっちゃけると、
俳句を始めて二年目で、
最初に入った結社の(今もいる)
新人賞を頂いて、
その後誘われて入った全国区の大手結社でも、
三年以内に新人賞をオレは取る!
とか思ってましたもん。
鼻持ちならないでしょw
そんで、総合俳句誌から原稿依頼を貰う
っていう目標をひそかに持ってましたw
今はね、
長く自分なりに楽しめればいい
っていうスタンスでいるんですけどね。
俳句も短歌も。
でも、出来れば
誰かから注目される作家になりたい
という気持はあったりして、
その辺がやっぱり焦らせますね。
スポンサーサイト

<< 7月中のうたの日 | ホーム | うたの日(7月10日「自由詠」) >>


コメント

まいぺーす

確かに焦ること、ありますね。特に「未来」にいると周りがみんな、すごい人に見える。私の後から入った歌歴の短い人が ばあーんと賞を取ると(私って何してるんだろ)と思うのですが、気にしないようにしています。
「未来」でお友達が出来てくると、「今月のこの歌良かったです」とか「今月の作品、しんどい感じだったけど体調どう?」とかハガキやメールもらうことが増えてきて、短歌を通してコミュニケーションできるんですよね。私もハガキなどで未来の人に感想送ることがあります。
「短歌作って楽しい」と思えるようになると、焦らなくなるかもしれないです。

しま・しましまさんの未来の歌は一行詩みたいで、繊細な世界です。その世界を大切にしながら、「未来」にも溶け込んでいけばよいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。