プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日参加を再開したのにブログの方は全然手をつけてなかったことについて


8月にうたの日参加を再開して、
うん
6月までやってたように、
出来れば毎日、票をいれた作品の感想を書こう
そう思ってはいました。
もともと、
すきな作品の感想を書く事自体が好きだし。
でも
うーん、
うたの日の作品については
実は取り扱い注意だったりしそうだなぁって
ツイッターで時々見られる評や感想についての発言などで
ふっと感じてしまって、
今までみたいに
作者がそれを読んでどう感じるかを無視して
好き放題には書きにくいなぁって思ったのと、
もしかして
あんまり感想は求められてない雰囲気かも
って思い始めたのが、
ブログ更新を躊躇いはじめた理由でした。
そう意識してうたの日を見ていると、
そもそもコメントを書かれるかたが
そんなに多くない。
ということは、
やっぱりうたの日に評や感想は求めてない人が
多いのかもって思います。
いいねって言われれば嬉しいし、
自作を引いてもらえれば嬉しいのは
みなさんそうだと思いますが、
それ以上踏み込まない方がいいのかなぁ
と、思ったりして。


さて、
昨日はうたの人の結果発表の日でした。
うたの人は
毎日開催のうたの日からの選抜式で
月一回行われる歌会です。
こちらは投票期間が長いということと
少なくとも出詠者は評必須ということで
コメント欄が非常に賑わってます。
みんなが書くから、
まあ作者の意図しない方向に読んでても
それはまあお互い様的なところもあって
のびのびと書けるところがあるのかなぁ
とか思ったりします。
ちなみに
「作者が意図しない方向に読む」ことを
わたしは誤読とは思ってません。
そりゃ「既出」を「がいしゅつ」と読んで
字余りですよって指摘したら誤読だろうと思いますが、
読んで感じたことが
みんな同じなわけがない
っていうか、
みんな同じにしか読めない作品って
面白いかなって気がします。
いや、紛糾する作品が名作だっていうわけじゃないんですが、
どんな名作でも
それを読んで心に浮かぶものって
人によって微妙にちがうだろうし、
同じ人でも時に違う感慨を抱くこともあるだろうし
ね。
それこそ、今思ってることが伝えられるように書けてるか
甚だ疑問ではありますが。
スポンサーサイト

<< うたの日(8月2日~10日)出詠分まとめ | ホーム | うたの日(8月1日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム