プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

なんか色々と誤解しているかもしれないワタクシと虚構


ツイッターで短歌の「私性」なるものについて、
色々な方が考えを表明されてて、
その総てを追えたわけじゃないし、
そもそも発端が分らないから
なんとも言いがたいものがあるなぁって思ってたんですが、
あれ?
ちょっと待って
「私性」って「わたし」性なの?
と、根本のところでこんがらがってしまいました。
わたしが「私性」で考えてたのは「わたくし」性ね。
一首の中に「わたくし」があるかどうか。
「わたくし」は「オレ」的な意味じゃなくて、
「公(おおやけ)」に対する「個人」の「わたくし」。
一首の中に自我があるかどうか、
みたいな感じかなって思ってます。
えーっと
視点が(少なくとも一首の中における)自分からのものであるか
ということと思ってました。
例えば、わたしが感じるところは、ですが
神の視点、小説でいえば地の文みたいなものとか
安易な擬人化とか、そういうのに違和感を感じたりします。
あと、
バラバラの一首一首でも、
通読すると一人の人物像がふわっと浮き上がってくるような
根っこのところで何か揺るがないものがある、とか。
実際に一首の中の自分が、
必ずしも作者自身でなければいけないとか
そうは思わないけど、
そのうたを詠んでる最中は作中主体と作者が同化してないと
あんまり面白くないかなあとか思います。
血の通ったひとりの人間の見聞きして感じたもの
っていう土台が欲しいというか。
わたしが俳句育ちで、
少なくともわたしが触れてきた俳句が
「我、今、ここ」を詠むものだった所為だと思いますが、
○○のつもりで
ぐらいの軽さで詠まれると、
あんまり響いてこないかなあとか思いがちなんですよね。

でも、
どうだろうなぁ。
今って読む側の共通見解みたいなものをベースにして
詠むのも読むのも楽しまれてる的なところがあるような気がします。
正岡子規以前のいわゆる月並俳句って言われた俳句。
(あれ?子規じゃなくて芭蕉かな?
と、思って今ちょっと調べたけど
1感情に訴えずに知識に訴えようとするもの。
2陳腐を好み、新奇を嫌うもの。
3言語のかいし(たるみ)を好み、緊密さを嫌う傾向。
4使い慣れた狭い範囲の用語になずむもの。
5俳句界の系統や流派に光栄ありと自信するもの。
というのが子規のいう月並らしい。
ってことは芭蕉以前ということかな
まあ、いいや)
一定のお約束(梅にうぐいす的な)を前提として座で楽しまれたように、
現在の読者が共感しやすいドラマとかマンガとかファンタジーとかSFとか
あるいは三丁目の夕日的なthe昭和とか
すでにがっちりした土台というか
そういう作者読者が分かち合える世界観の上に
詠まれる短歌というのもアリに戻って来た、みたいな。
わたしは短歌については不勉強なので、
座、短歌だと歌会の場とかでしょうか、
そういうところで過去にそういう梅にうぐいす的な世界観を楽しむ時代が
あったのかはわかりませんが。

私性と虚構って並べて語られること多いみたいですね。
探してみたら2015年2月号「角川短歌」で
特別企画として「私性論議ふたたび」ってのがあって、
そうか、これって何度も論議されてるテーマなんだなって
分ったわけなんですが、
ここでも結局虚構問題についてメインで考えられてるようなので、
短歌の私性ってつまりワタクシ性(わたしの思ってた)ではなくて
やっぱり作中主体=オレ的な私性ってことなのかな。
それはそうとして
虚構問題とかも、
よく私性とからめて語られることがあるみたいだけど、
その時に小説ではとかって一緒に絡めて言われたりしてるような
そんな気がしますが、
小説は長い文章なんだから、まるまる空想だったとしても、
言葉を重ねることでリアリティを演出できる。
でも短歌はたった31音(俳句なら17音)だから、
まるまる空想でリアリティや状況説明は出来ないんだし、
そうなると、作中主体は作者とほぼ同じであるって考えた方が、
いいんじゃない?
って思ってたんですが……。
実は今はその考え方もぐらついてます。
確かに俳句は17音ぽっきりでの勝負なことが多いですが、
短歌には連作がある。
(俳句にも連作はあるけど、なんか違う気がする)
5、10、20、30首と、
数が多くなればなるほど、
小説的手法で世界観を構築しやすくなるし、
そうすると虚構の物語でも不自然ではなくなるんじゃないかなって。

ここでわたしがいう虚構っていうのは、
ホントにそこであなたはそうだったの?
的なことではなくて、
作中主体やそれを取り巻く世界観そのものが虚構っていうものです。
前にもなんか書いたことがあるけど、
うちの俳句の師は、
「それが事実であるにせよこの配置はよい」
みたいな評をよく書かれてました。
そこに詠まれていることが事実かどうかは
そんなに関係ない
というか、
それは演出みたいなもので、
大切なのは一句の軸にある「我」がどう見て、どう感じて、
それをどう表現したか
ってことって意味と受け取ってます。
だから、本当はわたしそんなことしてないから
これは虚構、フィクション
とは言い切れないところがあるかなあと。

そんなことをつらつらと浮かんだままに書いてみましたが、
多分そうとうあさっての方向にトンチンカンなんだろうなと
自覚してます。ふひひ。
スポンサーサイト

<< 一つ前の記事について | ホーム | うたの日(8月11日~20日)出詠分まとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム