プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(8月21日~31日)出詠分まとめ


うたの日
しま・しましま出詠分

8月21日「ストレート」
エネループの充電ケースに空きがありヤマダ電機の通路まっすぐ

「ストレート」から「直」、
「直」から「直流」と連想して出来たうたでした。
同時にたった四本しか充電できない充電器なんですが、
何かしらに使っちゃって、気がつくと空きが出来ちゃうんですよね。

8月22日「結句字余り」
言い訳は思いつかないままだった水なまぬるく切手を湿らす

「結句字余り」って、なかなか難しいお題でした。
6月に「破調」ってお題がありましたが、あれも
自由律ではなくて定型を意識した上の破調であること、
字余りだな、字足らずだな、句またがりだなっていうんじゃなくて
「破調」だなって思ってもらえるように苦労しましたが、
今回は「結句字余り」なので、
そこだけ字余り感が出したいという気持と、
結句字余りってもったり重い感じがすることが多い気がするので
出来るだけなめらかに
というのを意識しました。

8月23日「あれ」
あれ買ってきた?と聞かれて振ってみせるドン・キホーテの黄色いふくろ

どやぁな顔を想像してもらえたらうれしいです。

8月24日「煙草」
二度吸って消した煙草の吸い殻が灰皿のなかで二つに折れる

だから何だって言われると、なんでもないことなんですが、
なんとなく無惨な感じ。

8月25日「台風」
台風が来るようきうきと妹はバースディキャンドルを並べ始める

蝶番さんと松岡拓司さんから評をいただきました。
子供の頃、バースディケーキについてくるキャンドルを
妹と溜め込んでました。
使い道がないことに気がついて捨てるまで、
結構溜まってましたね。

8月26日「開」
手を汚してでも欲しいものもなくオイルサーディンぎりぎり開く

久哲さんから評をいただきました。
コンビーフの缶を開けるのが大好きです。
で、逆に
オイルサーディンはちょっと苦手。
普通の缶詰(パッ缶式のやつ)は
フツーなんですけども。

8月27日「螢」
もう闇の匂いをのせた風が吹くここから先は蛍の暗み

たかはしみさおさんと村田馨さんから評をいただきました。
田舎住みで良かったなって思うことって
あんまりないんですが、
夕方から車で出たら、蛍スポットに行けるっていうのは
ラッキーなことかもと、
蛍の時期になると思います。
って蛍の時期ってもう随分前なんですけども。
えっ、今さら蛍?しかも「螢」?
ってちょっとびっくりしました。

8月28日「新聞」
同じニュース見ているのだろう君のひらく新聞の左縁が垂れて

たかはしみさおさんから評をいただきました。
たしかに「ニュース」よりも「記事」の方が自然な感じですが、
自分と相手は別の媒体でニュースを見ているので
「記事」と限定したくなかったんです。
三面記事の右やや下ぐらいのイメージです。

8月29日「穴」
ふるさとの柱に小さな穴がある消えてしまった時計のための

真香さんと金子りささんから評をいただきました。
実はなにげに形になるのに二転三転した作品でした。
三句目を終止形で切って、四句結句を倒置の形式にしたのも、
いろいろ試した後でした。
「穴」だけがあって、それがきっちり見えるように
と思ったんですが、
どうなんでしょうね。成功してるでしょうか。
「消えてしまった」が気持過多かなぁ。

8月30日「充電」
いちじくを裂く指先を汚しつつフル充電には時間がかかる

いちじくって生食するのはちょっと苦手なんですが、
子供の頃に家にいちじくの木があった所為で
子供の頃の思い出に直結してて
なんか懐かしく食べたりしちゃいますね。
三界に家なしいちぢくに指汚し
いちぢくや祖母在りし日もその後も
など、結構俳句の題材にしたりしてます。

8月31日「ビール」
缶ビール六本パックをぶら下げて夏の残した夕日があかい

「六本パック」が言いたかった。
スポンサーサイト

<< 八拍と塚本邦雄の話 | ホーム | 一つ前の記事について >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム