プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#私の作品についてどう


またツイッターの話なんですが、
私の作品についてどう思ってますか引用RTで教えてください
ってタグが
昨夜流れてて、
私の作品か
と、ちょっと考えてしまいました。
どう思ってもらえてたら嬉しいんだろう。

50音童話短歌とか詠んで遊んだりするので
童話ちっくな雰囲気も大好きなんですが、
やっぱり自分としては
日常詠であることが多いかなぁって
そう考えると、
日常の切り取り方について
なにかしら印象を持ってもらってたらうれしいのかな。

たとえば、
「未来」誌に載ったものだと
アイロンのまだあたたかい 手を触れてこのまま冷たくなるのを看取る(5月号)
チラシと共に押し付けられた花種がかばんの中でひやりと触れる(6月号)
干しおえた布団の熱のとれるまで書かない手紙を考えている(7月号)
このあとはだれかの時間顔を拭いたタオルで洗面台を軽く拭う(8月号)
石鹸を三回撫でる 決められてないことばかりに縛られている(9月号)
とかそういうの。
(今思ったけど、こうやって並ぶと結句が口語で終止って単調だな)

日常詠というか、
日常にあるモノを軸にして詠むのが
好きなのかもと思ったりして。
「未来」誌に送るものは、
題詠ではないんだけど、
何かをぐっと自分のフィールドにひきつける時に、
自分なりの手がかりが欲しいとか
多分そういう感じなのかな
とか、
自分のことではありますが
そんな風に考えたりして。


ちなみに、前述の50音童話短歌ですが、
いつか何らかの形で決定稿を出しておきたいですね。
とは言っても50音50首(正確には46音46首)なので
分量が微妙に多いような。
スポンサーサイト

<< うたの日(9月11日~20日)出詠分まとめ | ホーム | うたの日(9月1日~10日)出詠分まとめ >>


コメント

初めてコメントいたします

しま・しましまさん うたの日でお世話になっております木蓮です。
うたの日のリンクからずうずうしくもお伺いいたしました。
しま・しましまさんのお歌は日常生活のここを切り取るのか!といつも着想の素敵さにあこがれてしまいますし、勉強させていただいております。
また、ゆっくりお邪魔して過去ログなども拝見させていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

Re: 初めてコメントいたします

コメントありがとうございました。
わー勉強なんて言われるとなんか申し訳ないような……。
木蓮さんのうた、ほわっと温かいまなざしが多くてやさしい感じがステキだなって思ってます。
10月からは以前やってたうたの日の感想延長戦をまたこのブログでやろうと思ってるので、同じ部屋になったらおうたをお借りすることもあるかと思います。
よろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。