プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(9月11日~20日)出詠分まとめ


うたの日
しま・しましま出詠分

9月11日「余韻」
子供らをひとりひとりと飛び立たせ余韻のごときぶらんこの揺れ

西淳子さんから評をいただきました。
ぶらんこを立ち漕ぎして、
勢いをつけてジャンプってしますよね。
うちの娘さんたちも幼い頃はそうやって
ぶらんこで遊んでました。

9月12日「0時」
洗いざらいぶちまけてきた午前0時もうアサリらも吐く砂がない

雨宮司さんから評をいただきました。
言いたいことをお酒の場で言うってそれはそれで爽快だけど
やっぱり朝になって後悔したりして。

9月15日「霧」
上陸を選ばなかったものたちの霧笛がわりの遠吠えをきく

レイ・ブラッドベリの短編「霧笛」のイメージで詠みました。

9月16日「憲法第900条で定めたいこと」
夢をみる自由は、これを保障する。何人も夢の評価を下してはならない。

7音多いんですよね。
5・7・5からの12・9。
でもなんとか「何人も」を入れたかったという。

9月17日「栗」
他人事のように頷いたりもする甘栗ぱちりぱちりと鳴らし

甘栗の醍醐味って、
やっぱり気持のいい音で割るところかなぁ。
家で作ったものだとそれが出来ないんですよね。

9月18日「パン」
公園のベンチで一人を噛みしめてパン屑払えば集うハトたち

ゆっくり詠み出していって、
パン屑払ったところから忙しくなる感じが
面白いかなって思って詠んだうたでした。

9月19日「曇」
意気込みのあらわれなんです鼻息も顔を寄せれば曇る鏡も

恋愛系の短歌ってあまり詠まないんですが、
これはそっち系。

9月20日「狂」
明るさは間に合ってます 目瞑ってすこし狂った雷鳴を聞く

目をつむると色んな感覚が変になったりしませんか?
ぴかぴかって先に稲妻がくると、
どうしてもその後の雷鳴に身構えてしまうので、
いろんなことがちょいちょい中断されるんですよね。
嫌いではないけど。
スポンサーサイト

<< うたの日(9月21日~30日)出詠分まとめ | ホーム | #私の作品についてどう >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム