プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

もごもごと考えたこと


「短歌の本音 うまくなりたいのか~男たちの短歌上達法」
というネプリがありました。
「短歌が上手になるためには」というテーマで
7人の男性歌人さんがエッセイを書かれているというステキネプリ。
具体的にどのぐらいという事は分りませんが、
ここにエッセイを寄せられている方々は、
わたしよりもずっとずっと短歌歴の長い方々なので、
それぞれがとても興味深く、たのしく読ませていただきました。
エッセイひとつづつに、
もちろんそれぞれ感じるところはありましたが、
僭越な気もするので、
個々の感想はここに書きませんが、
うん、そうですね、
振り返ってわたしはどうだろうと
つい考えさせられてしまう、そういうエッセイ集でした。

うん、そう、
わたしだったら……。
「うまくなりたいのか← →そうでもないのか」
という分岐があるとしたら、
うまくなりたい、ですね。
伝わる言葉がちゃんと使えて
きちんとこちらの想定してる景が
相手に結んでもらえること
それが理想かなぁとか考えます。
一度発表したら、
読みの部分は読者にお任せするしかないんですが、
それでも、
自分が想定した、ここはきちんと図が結ばれて欲しいところを
ちゃんと押さえて詠めるようになりたいです。
あと韻律ね。
せっかく「短歌」を詠むんだから、
きっちりゆるぎなくでもゆるくでもいいので
短歌の韻律で詠めるようになりたい
と思います。
今のところはゆるゆるなんですけども。
そういえば、
この韻律に非常に関係ある話なんですが、
現代短歌を声に出して読む場合、
どういう感じになるのか。
これが短歌をつくり始めてからも、
結構疑問でした。
百人一首を読み上げるときみたいに?まさかね。
いや、そこまでではないけど、
やっぱりある程度は歌うように読み上げるのかも……
いやいや、俳句と似た様な感じで、
57577にフレーズを分けて、
あとは現代語のイントネーションで読んでるんじゃ……
いやしかしそれは希望が混じってるかも…
みたいな感じで、
はっきりと分らない。
当り前ですが、短歌入門の本を読んでも、
そういったところは登場しない。
(話はやや脱線しますが、
数冊の短歌入門系の本を読んだんですが、
わたしがアレが知りたい!と思うものほど
書いてなかったですね。かすりもしない。
わたしが希望する情報がニッチすぎ?とか悩んだりして)
まあ、そんな感じで、
結局、ふむ!こんな感じで読むのか!
って理解したのが、
うたの人のツイキャス(たしかりおこさんの)とか、
あと、ニコ生でやっていた大学短歌バトルでした。
なるほど!
意味で切れるところまで読むタイプと
57577のリズムで読むタイプと、
その辺りは人によるようだけど、
とにかく歌わないんだ!
それがはっきり分ったのは、
わたしにとって短歌の韻律を考える上で、
結構プラスになったと思います。
その辺りは俳句と同じ感じで考えていいんだなって。
リアルの歌会などに出席すれば
そういうことは悩む必要もないんだな
って気がついたのは随分後でした。

なんだか微妙に締まらない感じですが、
まあ、そんなことをもごもごと考えたりした、
そんなエッセイ集でした。
スポンサーサイト

<< うたの日(9月21日~30日)出詠分まとめ | ホーム | 50音童話短歌(ら~ん) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム