プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(9月21日~30日)出詠分まとめ


うたの日
しま・しましま出詠分

9月21日「手」
どんなふうに痛いですかとたずねられ気付く 手持ちのことばの数に

のつちえこさんから評をいただきました。
自分を表現するって病院でもなかなか難しいなって。
自分では変則的リズムって気がします。

9月22日「しっぽ」
秋の日のなだれ込んでくカーテンにしっぽの影のくっきりと青

「しっぽ」犬のしっぽか猫のしっぽか大根のしっぽか
色々考えましたが、やっぱり一番身近なしっぽを。

9月23日「屋上」
屋上の扉はかたく子供らは夜空の近さに気がつかずいた

夜の感じと、屋上のコンクリの硬さ、扉の重さとかを
なんとなく表現したいなって思って、
重めに詠み出してみました。
道具立てが類想的だったかなぁと反省する一首でしたが。

9月24日「丘」
この丘も町のひとつであるけれど両手ひろげて計るふるさと

うちの裏山がモデルになってます。
ちょっと小高いところから眺めるとなんとなくふるさと感があるなって
思ったりしてます。

9月25日「ひきこもり」
ベッドから窓の向うが少し見える(色つきそうめんみたいな虹だ)

塾カレーさんから評をいただきました。
高校の頃から20代ぐらいは
ひきこもりというよりも家を出たい、出たら出たっきり
というタイプだったんですが、
20代の後半ぐらいに病気をきっかけに
なんとなくこういう日々を過ごしてました。

9月26日「カタカナ」
ヤマザキナビスコファイナルリッツパーティにモンデリーズのリッツが混じる

出来るだけカタカナをぶっこんだ短歌にしよう
と思って、
丁度リッツ(他)がヤマザキナビスコから
モンデリーズジャパンに移った後だったのでコレに。
このうたですが、
自分では
ヤマザキ・ナビスコ/ファイナル☆リッツ・パーティに/
と、
8・7・5と切ってその後77に行く感じで作って読んでたんですが、
後になって、
もしかして、句またがりのうたかなって思われて
ヤマザキナ/ビスコファイナル/リッツパー……
あれ?破調?
みたいに思われてしまう恐れもあるかなぁとか
不安に思ったりして、
なんだか後からもぞもぞするうたになりました。
ツイッターでそういうことを言ったら、
どうやら字余り読みも出来るようなので安心しました。

9月27日「傘」
折りたたみ傘をひらけば折り皺のひとすじ著くよるを弾きぬ

ゆがみさんから評をいただきました。
このうたは文語。
というか、どうしても「ぬ」で終らせたかったうたでした。
で、
文語と言えば旧かな遣い。
以前このブログでも書いたことがあるんですが、
わたし的には文語新かな遣いって、いま一つナシかな
って思うタイプ。
文語旧かな遣いに比べて、文語新かな遣いって
ちょっと違和感があるかなって程度の理由なんですけどね。
でも、「ひとすぢ」にしたら、
あっ、これはなんか違うな……
というか「ひとすぢ」が強調されすぎるかな
って思ったんですよ。
漢字表記にすることも考えたんですが、
「折り皺の一筋著く」ってちょっと重たいし、
「著(しる)く」の漢字は捨てがたいし
と、考えて、
いいや、新かな遣いで行こうって決めました。

9月28日「短」
短き夢をなんど重ねきその果てのアボカドすぐに黒ずんで行く

シュンイチさんから評をいただきました。
前日の短歌を文語新かな遣いにしたので、
そうだ、今月あとちょっとなんだから、
今月中は全部これで行こうって思いつきました。
ただ、あんまり重たく固くしたくなくて、
「なんど」というちょっと柔かい表現とか
「黒ずんで行く」というところは口語チックなまんまで。
「黒ずみて」とか考えたけど、なんか違うなぁって思いまして。
「重ねき」の過去完了の感じはいいな、さすが文語とか思ってましたが、
評価は低くて、残念でした。

9月29日「さあ」
さあ、と言いて伸ばしてくれし君の手のひらの遥けし丘のごとくに

文語新かな遣い路線ですが、
このうたは旧かなの方がやっぱり良かったなぁって
自分では思ってます。
「言いて」にめっちゃ違和感。

9月30日「羽」
音の出ぬはばたき覚え手品師のふかき帽子の底の真夜中

椋鳥さんから評をいただきました。
うん、たしかに「真夜中」は蛇足みたいな感じですね。
実は「手品師の深き帽子の底」というワードを
かなり前からあっためてて、
今回それが「羽」で日の目を見た感じです。
スポンサーサイト

<< うたの日感想再開しました(10月1日) | ホーム | うたの日(9月11日~20日)出詠分まとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム