プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(10月22日)


10月22日のお題は「前」「働」「窓」「知己凛さんの写真」でした。

「窓」
窓の灯を慕いてガラス搏つ虫の自由とはかく淋しい夜か(しま・しましま)
蛾もね、
光にこだわらずに飛んだら、
背中側には広い世界が広がってると思うんですよ。

ハートを入れたうた。
ミルトンさんの
こうこうと光をはなつ満月に窓辺の梨が対峙している
今って多くの果物が一年中楽しめるんですが、
梨ってやっぱり秋の果物って感じがしますよね。
なので、このうたも、
秋の満月と梨との対比として読みました。
誰がそこに置いたのかはわからないけど、
窓辺に梨が一つ置かれているのを、
「満月に」「対峙している」
という見方がいいなって思います。
「こうこうと」はひらがなですが、
「皓々と」かなぁ。
白っぽくさえざえと輝く感じがします。
言われてみれば、
満月と梨、似てるような気がします。
梨の方が満月を意識してる感じが面白いなって思いました。

音符を入れたうた。
雀來豆さん。
いま窓に絵を書いているところですまだ言い訳はできていません
面白いなって思いました。
あんまりこのうたの背景的なものは
詮索しないで、
ふわっとした面白さを味わえばいいのかな。
言い訳した方がいいんだろうな、
でもしたくはないな
みたいな感じがしますよね。
IMG_2839.jpg
みたいな感じで、
子供がそんなことをしてるって思っても
楽しいなって思います。

小川けいとさんの
はっきりと嫌いと言ってしまいたい 深夜に窓を叩く雨音
深夜の雨って、
なんとなく家の形をくっきりとさせるというか、
降り込められている圧迫感とか閉塞感があるような気がします。
そうでなくても、
主体にはなにか日常の、
特に人間関係で息苦しさを感じてて、
それをどうにかしたいと思ってる、
それがこんな雨の日には強まってしまって、
「嫌い」とはっきり言ってやれたら……
みたいな気持になるのかな。
共感するうただなって思いました。
スポンサーサイト

<< うたの日(10月23日) | ホーム | うたの日(10月21日) >>


コメント

なんと、絵入りの評が。新しいジャンルを開拓されましたね^^^。ありがとうございました。

Re: タイトルなし

あっ、これはかわいい映像が結ばれる!
と、おもって思わず……。
こちらこそありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム