プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(10月27日)


10月27日のお題は「探」「インク」「鎖帷子」「罰」でした。

「探」
いいよもう月もこんなに欠けてきた つめきり探すのにも飽き飽き(しま・しましま)
爪切り、綿棒、3DSのACアダプター
これが我が家の三大見失いがちアイテムです。
モノを探してるのか、
最後に使った犯人を探してるのか、
だんだんわからなくなってしまうんですよね。

ハートを入れたうた。
潤さんの
エピローグ終えてさびしい名探偵 正しい作法で紅茶を淹れる
全て、悲劇か喜劇かの終りを終えて、
その後の行方も語られ終わって、
さて、名探偵ももうすることがない。
読み終わった読者もですけど、
作中の名探偵も、
それを「さびしい」と感じるっていうところが
面白いなって思いました。
さて、
紅茶好きの名探偵って
誰がいたかなぁって
想像が膨らみます。
アガサ・クリスティの作品の名探偵は
紅茶が好きそうだけど、
コージーミステリの女性探偵さんたちも
紅茶好きそう。
事件が終ってしまった本の中で、
丁寧に紅茶を入れて
次の事件までゆったりしてるようで
たのしいうたって思いました。

音符を入れたうた。
ナタカさんの
探してたことも忘れた思い出がヨックモックの缶で見つかる
全然探してなんてなかったのに、
ふいに出てきたモノを見て、
ああそうだよ、これ、あったあった
ってなることありますね。
前に探したけど見つからなくて、
そのままになってたものでも、
実際に探してはなかったけど、
探したいモノだったって気がつく場合も。
それが
「ヨックモックの缶」にあったって
なんかいいなって思います。
割と焼き菓子の入ってた缶って
各家庭で小物入れとか
裁縫箱になってたりしますが、
特に「ヨックモック」のって、
幼い子供が
大切なものを入れておく
っていうのに相応しい感じがします。

亀山真実さんの
どこにいく時も五人で一列の探検隊の一番最後
子供時代の回想のうたでしょうか。
微笑ましいなって思います。
五人の探検隊の、
いつも「一番最後」
ということは、
みんなよりも少し年下だったのかな。
お兄ちゃんと、
お兄ちゃんの近所の友達と
主体
っていうグループだったのかな。
と、想像して、
かわいいなって思いました。
スポンサーサイト

<< うたの日(10月28日) | ホーム | うたの日(10月26日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム