プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(隠)


うたの日
2月12日歌題「隠」

ゆっくりと雲に隠されゆく月の淡い光がさらす雲形(しま・しましま)

お題は「尻」「隠」。
実は「尻」でも作りかけてたんですよね。

いつだって尻が冷たい女ですあなたが知っていようがいまいが
というもの。
四句、結句の下の句が、
なんか決まらなくて、
これじゃ投げやりにもほどがある……
とか、
悩んだ揚句ボツにしました。
そういえば、叙景の歌って詠んだ事がないかも
と、思って「隠」で詠んでみたわけですが、
「淡い光が」の「が」という助詞で悩みました。
「尻」で使った「が」は、「が」のまんまでいいかなぁと
思うんですが、
「淡い光」に対して「が」って音は強すぎるかな、
とか、
本当は「あわき光の」としたかったけど、
月「の」あわき光「の」だと、「の」の重なりがうるさいかな、
とか。
ゆつくりと雲に隠されゆく月は雲のかたちをさらしてをりぬ
みたいに、
いっそ「光」を言わなくてもいいのかなぁ。

俳句だと、すぐに相談できる人がいるけど、
短歌はそういう人がいないので、
こういう悩みに結論が出なくてちょっと辛い。
スポンサーサイト

<< 039:せっかく(しま・しましま) | ホーム | 038:読(しま・しましま) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム