プロフィール

しま・しましま

Author:しま・しましま
こんにちは
しま・しましまです。
2014年冬から短歌を始めました。
主にうたの日とツイッターで短歌をしてます。
コメントとかすごくよろこびます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

うたの日(11月13日)


11月13日のお題は「門」「?」「美人」「指輪」でした。

「指輪」
それもまた誰かの尺度になるんだろう 指輪をしない日々を重ねて(しま・しましま)
うちの夫の結婚指輪は、
結婚初年度にわたしが洗面所で流してしまったので、
ほぼ結婚指輪をしない男として過してきました。
申し訳ないので、わたしもしてません。
夫の方はその所為なのか、本人のキャラクターからなのか、
未だに結婚しないの?とか再婚したらどう?とか
仕事関係の人から言われたりするそうです。
さて、わたしは直接誰かから何か言われたことはないんですが、
どう思われてるんでしょう。

ハートを入れたうた。
七緒さんの
いつだって私にいちばん似合うのは私が買った私の指輪
あー、なんかかわいくて好きだな
って思いました。
うん、そうなんだよね、
自分が自分で選んだ指輪が
自分に一番似合うよね
好きに選べるからねぇ
と、思うんですが、
このうたは、単純にそういう意味だけではないと
思うんですがどうでしょう。
このうたには「私」が三度も出てきます。
「私に」「私が」「私の」
まるで私がいればそれでいいんだって
強がってるようにも聞こえて、
うーん、
そこがすきだなぁって思いました。
「いつだって」「いちばん」
という強調のしかたも、
強がりっぽくて、
そうだそうだ、負けるなー
みたいなエールをつい送りたくなってしまいました。

音符を入れたうた。
小宮子々さんの
約束をときどき破るふたりだし安い指輪でじゅうぶんですよ
このうた、
最初、結婚指輪かな
って思ったけど、
さすがに
「安い指輪」で十分な理由が
「約束をときどき破るふたり」だから
ってのはどうなんだろうって思って、
エンゲージリングは安いのでいいよ
って指輪を用意しようとしてる彼に言ってるのか、
まだそこまで至らない、
ペアリングの段階なのかな
って思ったり。
「安い指輪でじゅうぶんですよ」
っていう、
ちょっと軽めの冗談めかした感じに
結婚の約束みたいな重いものって
どうかなぁ、
わたしが彼なら、
じゃあやめとこうかって思っちゃいそうで、
このうた、
ペアリングぐらいの指輪であってほしい、
そう思ったうたでした。
スポンサーサイト

<< うたの日(11月14日) | ホーム | うたの日(11月12日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム